キャベツ、レタス、ねぎなど増

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年6月第1週(5月31日〜6月6日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量6,160t(前週比105%、前年同期比103%)。

 前週比ではたまねぎ、なす、こまつな等が減少したが、キャベツ、レタス、ねぎ等が増加したため、5%の増加となった。

 前年同期比では、じゃがいも、にんじん、とうもろこし等が減少したが、レタス、トマト、だいこん等が増加したため、3%の増加となった。

 市況は、前週比が弱含み、前年同期比が区々となった。

品目別の動き

だいこん 青森県を中心に千葉県等から入荷し、前年同期比26%の増加となった。荷動きが鈍く相場は下落し、青森県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

にんじん 千葉県を中心に埼玉県等から入荷したが、前年同期比12%の減少となった。千葉県産の価格は前年同期比で強保合となった。

キャベツ 千葉県を中心に茨城県等から安定して入荷し、前週比14%の増加となった。需要が少ないため、荷動きが鈍く相場は下落し、千葉県産の価格は弱保合となった。

レタス 長野県を中心に群馬県等から順調に入荷し、徐々に高冷地へと移っており、前週比10%の増加となった。荷動きが鈍く相場は下落し、長野県産の価格は弱保合となった。

はくさい 長野県、茨城県等から入荷し、前年同期比3%の増加となった。気温が高く需要が少ないため、荷動きは鈍いまま推移し、長野県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

ねぎ 茨城県を中心に千葉県等から入荷し、前週比10%の増加となった。荷動きは良好で、茨城県産の価格は保合となった。

きゅうり 埼玉県を中心に群馬県等から入荷し、前週比1%の微増となった。埼玉県産の価格は保合となった。

なす 高知県を中心に入荷した。関東産の露地物の出荷が始まりましたが、高知県産は終盤に入ったため、前年同期比5%の減少となった。高知県産の価格は前年同期比で保合となった。

トマト 栃木県を中心に愛知県等から入荷し、北海道産の出荷も始まったため、前年同期比18%の増加となった。栃木県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

ピーマン 茨城県を中心に入荷し、東北産の出荷も始まったため、前週比7%の増加となった。全体量が多いため相場は下落し、茨城県産の価格は弱含みとなった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年6月第1週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん386-126せり青森10-
相対青森10756
かぶ79113119せり千葉1-
相対千葉180
にんじん270-88せり千葉10-
相対千葉101,231
キャベツ850114108せり千葉10-
相対千葉10886
レタス327110111せり長野10-
相対長野10994
はくさい262-103せり長野15-
相対長野15950
こまつな489696せり茨城0.2-
相対茨城0.240
ほうれんそう6410195せり群馬0.2-
相対群馬0.272
ねぎ17411095せり茨城5-
相対茨城52,160
ブロッコリー111-114せり長野4-
相対長野42,322
きゅうり35610198せり埼玉5-
相対埼玉51,145
かぼちゃ135102102せりメキシコ10-
相対メキシコ101,534
なす1979595せり高知5-
相対高知51,836
トマト500-118せり栃木4-
相対栃木4648
ミニトマト127108117せり熊本3-
相対熊本3842
ピーマン125107111せり茨城0.15-
相対茨城0.1565
とうもろこし115-89せり茨城5-
相対茨城51,836
いんげん14100107せり千葉2-
相対千葉22,333
さやえんどう910178せり福島2-
相対福島21,879
そらまめ26-142せり宮城4-
相対宮城42,214
えだまめ20-77せり群馬0.25-
相対群馬0.25335
じゃがいも405-87せり長崎10-
相対長崎10-
たまねぎ57391105せり佐賀20-
相対佐賀20-
うめ84-72せり和歌山10-
相対和歌山106,399
せり--
相対--
せり--
相対--
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/