ホットペッパーグルメ外食総研・外食市場調査 2020年6月

4・5月に比べると回復傾向

ホットペッパーグルメ外食総研による外食市場調査※の2020年6月度調査結果では、外食市場規模は3圏域合計で1,873億円。4・5月に比べるとやや持ち直した。

自治体の要請受ける/受けない

ニュースクリップ 2020年8月2日(日)
●「決算会見で、長谷川耕造社長は『東京都の要請は受けないつもりだ。飲食業界では多くの店が閉まっていて、経済への影響の方が深刻だ』と述べた」新型コロナで自治体要請 外食大手の営業再び縮小 経営さらに打撃(日本農業新聞)

この茶碗蒸しは、飲み物です

ニュースクリップ 2020年8月1日(土)
●「『にんべん』社長の高津伊兵衛さんは自ら開発スタッフを率いて、卵とだしの比率や滑らかな食感にこだわりながら試作を重ね、新感覚の冷製ドリンクとしてストローで飲む茶わん蒸しの商品化にこぎ着けた」「日本橋だし場」に冷製「飲む茶碗蒸し」和食店「季旬 鈴なり」とコラボ開発(日本橋経済新聞)

カツオ宮城主体。75%増加

生鮮の市況(水産/東京都) 2020年7月第4週(7月24日〜7月30日)
東京都中央卸売市場(豊洲市場水産農産品課)が発表した2020年7月第4週(7月24日〜7月30日)の概況より。
中国ひとり歩記(あるき) 15

中国の朝食は多彩でおいしい

中国の朝食は外食が一般的である。共働きが多いということが、大きな原因だろう。また、そもそも朝食を摂れる店が多く、安価なこともある。
外食産業市場動向調査

全業態が客数・売上高前年割れ

日本フードサービス協会(JF)は2020年6月外食産業市場動向調査を発表した。全体(事業社数203、店舗数38,139店=98.6%)合計の売上高は78.1%と2桁の縮小。客単価は上昇し、客数は74.6%と2桁の大幅減。

フードサービス月次業績

既存店2桁ダウン100件超

2020年6月のフードサービス(株式公開企業。コンビニエンスストアを含む)の業績。既存店売上高では、139件のデータのうち、前年同月をクリアしたのは8件で、131件が前年割れとなった。

アーカイブ

FoodWatchJapan 編集部
@FoodWatchJapan

  • サイゼリヤ「サイゼリヤ」2020年6月業績。※国内。既存店/店舗数1,033。売上高72.9%。客数71.6%。客単価101.8%。全店/店舗数1,081。売上高72.4%。客数71.2%。客単価101.7%。
    about 1時間 ago
  • ロイヤルHD「天丼てんや」2020年6月業績。※速報。既存店/売上高81.6%。客数83.7%。客単価97.5%。
    about 1時間 ago
  • ロイヤルHD「ロイヤルホスト」2020年6月業績。※速報。既存店/売上高86.0%。客数76.5%。客単価112.4%。
    about 1時間 ago

電子ブック

UA-24653605-2