カラメルはプリンの上になくちゃ

学校給食で、ときどきプリンが出た。今も出ているだろう。その形が気に入らない。


「笑うなよ。カラメルが上になるのが正しいんだよ」。
「笑うなよ。カラメルが上になるのが正しいんだよ」。

 あれを、器にひっくり返して食べる人は、クラスの中に2~3人しかいなかった。たいていの子は、カップからそのまま食べていた。

 みんなせっかちなのか、皿が汚れるのが嫌なのか、ひっくり返すのにしくじるのが嫌なのか。アイスクリームやヨーグルトも、そのままカップから食べるのだから、プリンの場合に特別に器にあけるというのが、奇妙に思えたからかもしれない。

 皿にひっくり返して食べようとする子がいると、「あー(わざわざ)そうしたんだ(ご苦労さん)」など、面白がられたものだ。

「食育」とか言って、「プリンは必ずお皿にひっくり返して食べなさい」と教えるというなら、話は別だ。でも、ほとんどの子がカップからそのまま食べている現状で、あの形のプリンはおかしい。

 プリンのカラメルソースは、上からかかっていないと、プリン本体にからまない。これが下にあると、特にカップに入ったままで下にあると、ソースがからまないままのプリンを全部食べてしまってから、ソースが出て来てこんにちはということになる。それではソースの意味がない。

 食品メーカーの人は、これがおかしいと思わないのだろうか。何も工夫せずとも、給食でドカンと売れるので、何か考えるのは損だと思っているのかもしれないが、それでは食べ物屋さんの心意気というものは、子供には伝わりようがない。

そうそう。カラメルが上。
そうそう。カラメルが上。

 給食用の正しいプリンの形は、右の写真のように、フタを開けたときに、プリン本体の上にソースがあるという形だ。こう作らなければならない。

 ただし、この形にする場合は、プリンが固まってからソースをかけなければならない。伝統的なプリンのように、カップの底にカラメルソースをしいておいてプリンを固めるというわけにはいかない。

「だから無理」と言うのだろうが、手はある。固まってからソースをかけてフタをする。ソースを別添えにする。などなど。

 コストがかかるというのなら、いっそのことカラメルを廃止すればいいのだ。どうせあの味を正しく味わえていないのだから。それが嫌なら、ほんのりとカラメルソースが混ざった味に、プリンを仕上げることを考える。

 いずれにせよ、あのままでは、子供に何も考えないことがいいことだと教えているようで、甚だ迷惑に感じる。

※このコラムは個人ブログで公開していたものです。

About 齋藤訓之 392 Articles
Food Watch Japan編集長 さいとう・さとし 1988年中央大学卒業。柴田書店「月刊食堂」編集者、日経BP社「日経レストラン」記者、農業技術通信社取締役「農業経営者」副編集長兼出版部長等を経て独立。2010年10月株式会社香雪社を設立。公益財団法人流通経済研究所客員研究員。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。戸板女子短期大学食物栄養科非常勤講師。亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科非常勤講師。日本フードサービス学会、日本マーケティング学会会員。著書に「有機野菜はウソをつく」(SBクリエイティブ)、「食品業界のしくみ」「外食業界のしくみ」(ともにナツメ社)、「農業成功マニュアル―『農家になる!』夢を現実に」(翔泳社)、共著・監修に「創発する営業」(上原征彦編著ほか、丸善出版)、「創発するマーケティング」(井関利明・上原征彦著ほか、日経BPコンサルティング)、「農業をはじめたい人の本―作物別にわかる就農完全ガイド」(監修、成美堂出版)など。※amazon著者ページ →