外食産業市場動向調査 2020年4月

洋ファストフード以外壊滅状態

日本フードサービス協会(JF)は2020年4月外食産業市場動向調査を発表した。全体(事業社数191、店舗数37,982店=98.9%)合計の売上高は60.4%、客数は59.9%という深刻な結果。客単価は業態によって上昇と下降に分かれた。

フードサービス月次業績 2020年4月

外食市場蒸発。KFCは独走

2020年4月のフードサービス(株式公開企業。コンビニエンスストアを含む)の業績。既存店売上高では、113件のデータのうち、前年同月をクリアしたのは7件のみで、106件が前年割れとなった。

ホットペッパーグルメ外食総研・外食市場調査 2020年3月

市場規模は過去最大の下げ幅

ホットペッパーグルメ外食総研による外食市場調査※の2020年3月度調査結果では、外食市場規模が過去最低額を記録。外食実施率と外食頻度が過去最低値で、外食単価も低下した。

外食産業市場動向調査 2020年3月

パブ・ビアホール売上高半減

日本フードサービス協会(JF)は2020年3月外食産業市場動向調査を発表した。全体(事業社数203、店舗数39,165店=99.5%)合計の売上高は82.7%と2桁の縮小。客単価はやや低めの前年並みながら、客数は83.4%と2桁の大幅減。

フードサービス月次業績 2020年3月

既存店前年クリアは4件のみ

2020年3月のフードサービス(株式公開企業。コンビニエンスストアを含む)の業績。既存店売上高では、149件のデータのうち、KFCHDをはじめとする4件だけが前年同月をクリアした。

ホットペッパーグルメ外食総研・外食市場調査 2020年2月

外食実施率低調で市場縮んだ

ホットペッパーグルメ外食総研による外食市場調査※の2020年2月度調査結果では、外食市場規模が2カ月ぶりに前年割れとなった。暦と天候では好結果が期待できる条件だったが、外食実施率が低かった。

外食産業市場動向調査 2020年2月

焼肉好調。洋FFSも中食好調

2020年2月 日本フードサービス協会(JF)は2020年2月外食産業市場動向調査を発表した。全体(事業社数205、店舗数39,662店=99.3%)合計の売上高は104.8%と前年同月を上回った。客単価は上昇したが、客数は101.8%と前年同月を上回った。

フードサービス月次業績 2020年2月

手堅い小商圏型フォーマット

2020年2月のフードサービス(株式公開企業。コンビニエンスストアを含む)の業績。既存店売上高では、150件のデータのうち、62件が前年同月をクリアした一方、88件が前年割れとなった。

ホットペッパーグルメ外食総研・外食市場調査 2020年1月

市場規模6カ月ぶり前年超え

ホットペッパーグルメ外食総研による外食市場調査※の2020年1月度調査結果では、外食市場規模が3266億円となり、6カ月ぶりに前年同月を上回った。前年割れが続いていた「居酒屋」「和食料理店」もプラスに転じた。

外食産業市場動向調査 2020年1月

FRと喫茶等で客数落ち込み

2020年1月 日本フードサービス協会(JF)は2020年1月外食産業市場動向調査を発表した。全体(事業社数188、店舗数35,001店=99.4%)合計の売上高は101.9%と前年同月を上回った。客単価は上昇しながら、客数は100.4%と前年並み。