中国ひとり歩記(あるき) 25

種類も飲み方も多様な中国茶

茶はチャノキの葉や茎を原料として作られる飲料である。中国で栽培が始まったが、喫茶が普及したのは唐代(618〜907年)初期とされる。日本への伝来は奈良時代(710〜794年)と考えられている。 茶の成分  中国では茶が解毒剤として使われていたという記録がある。日本でも、普及初期に […]

中国ひとり歩記(あるき) 23

中国の食品表示と食の安全事情

どの国においても、毎日食べている食品には一定のリスクが存在する。ただ、今日の日本では食品が原因で健康を損なうことは少ない。しかし、中国の場合、油断すると大変なことになる。