自動車燃料としてのエタノール大量生産と食糧問題

インディ500
自動車レース「インディ500」の出場車はすべてエタノール車になった
インディ500
自動車レース「インディ500」の出場車はすべてエタノール車になった

縮小する市場、競争相手は巨大企業、超高価格、信頼性なし、見えない販売の現場――五重苦に悩まされていた、日本における米国製オートバイ「ハーレーダビッドソン」。そのブランドを建て直し、日本で最も売れるオートバイに返り咲かせた立役者、アンクル・アウルこと奥井俊史氏が、食ビジネスを新しい視点で観察し、提言します。

1.初めに

 私はこれまでの人生の3分の2以上に相当する45年間を自動車に関係する職業に携わってきました。そのため、地球温暖化と自動車のかかわり、自動車の今後の動力源の変化には強い関心を持っています。

 加えて、このたびFoodWatchJapanの執筆者になる幸運に恵まれましたので、自分自身の理解を整理する目的も兼ねて、表題に関するまとめをレポートの一つとして書いてみることにした次第です。

2.自動車燃料として注目された背景

2005年以降の石油価格の高騰や地球環境問題への関心の高まりを受けて、世界が化石燃料に代わるエネルギーを求めています。そして、環境負荷の少ない、再生可能な自動車用の燃料開発を多面的に検討する過程の中で、例えば米国、ブラジル、中国等を中心とした国々が、エタノールを再生可能な自動車燃料として生産を拡大しようとする動きを強めました。

 そのことが世界のマスコミで大きく取り上げられるようになりました。化石燃料がそう遠くない将来に枯渇するのではという懸念も、この考え方や報道を加速させる一つの原動力にもなったようですが、関係国間の政治的、戦略的思惑も多分に絡んで起こった動きと言えるでしょう。

3.米国のエタノール増産政策

バイオエタノール工場
米国のトウモロコシ生産地に立地するバイオエタノール工場

 実際に石油消費量が多く、しかもその大半を輸入に依存する米国は、一方で抱える国内の農業問題の解決も視野に入れた上で、2005年を境にエタノールの増産と自動車燃料としての活用を積極的に推進する取り組みを始めました。時の大統領ブッシュは、2007年10月に発表した一般教書の中で、「2017年までの10年間にバイオエタノール等の再生可能エネルギーの生産を、年間350億gal(ガロン)※にまで増やして行く」との方針を明確にしました。

 この結果、米国が当面エタノール生産の主要原料と考えるトウモロコシの生産は急増します。その価格は高騰し、トウモロコシの作付面積が増える一方、米国にとってやはり主要生産穀物の一つであるダイズの作付面積が減少する等の大きな影響を及ぼしました。

 しかし、バイオエタノール用に使用されるトウモロコシの価格が一定以上に上がれば、米国政府が農家に支払っている補助金の削減ができるという財政改善の効果もありました。

※350億gal=1億3250万kl

4.中国もエタノール増産へ

 この他、中国も国家の方針としてトウモロコシを原料とするエタノール生産を増やして行く方針を2005年以降に掲げていきました。あまり知られていませんが、中国は2008年には年間1億6500万tのトウモロコシを生産する世界第2位のトウモロコシ生産国なのです。

5.原料の中心は食糧または飼料作物

 バイオエタノールの生産原料には、多様な農作物が候補に上げられていますし、農作物以外にも多様な物を原材料にすることが可能です。しかし、その中でも圧倒的に主要な原材料として検討され、実際にエタノール大量生産に利用されているのは、トウモロコシ、サトウキビ、コムギなどの、いずれも世界の各国で主要な食料となっており、また食肉生産のための家畜の飼料の中心的材料となっている作物であることが、世界を巻き込む論争を呼び起こした最大の理由でした。

奥井俊史
About 奥井俊史 106 Articles
アンクル・アウル コンサルティング主宰 おくい・としふみ 1942年大阪府生まれ。65年大阪外国語大学中国語科卒業。同年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。中国、中近東、アフリカ諸国への輸出に携わる。80年初代北京事務所所長。90年ハーレーダビッドソンジャパン入社。91年~2008年同社社長。2009年アンクルアウルコンサルティングを立ち上げ、経営実績と経験を生かしたコンサルティング活動を展開中。著書に「アメリカ車はなぜ日本で売れないのか」(光文社)、「巨象に勝ったハーレーダビッドソンジャパンの信念」(丸善)、「ハーレーダビッドソン ジャパン実践営業革新」「日本発ハーレダビッドソンがめざした顧客との『絆』づくり」(ともにファーストプレス)などがある。 ●アンクル・アウル コンサルティング http://uncle-owl.jp/