客数減が続く。客単価は上昇

主要コンビニエンスストアの2021年2月実績。各チェーンとも客数が減少し、客単価の上昇も弱いため売上増に結びついていない形。

主要3社の客数を見ると、セブン-イレブン・ジャパンは減らしながらも8.4%減(前月11.6%減)とやや改善した一方、ファミリーマートは13.5%減(前月13.2%減)となった。

「ローソン・スリーエフ」は客単価が2桁上昇し、売上高は前年同月をクリアした。

7&IHD/セブン-イレブン・ジャパンは、既存店売上高99.3%、同客数91.6%、同客単価108.4%。店舗数(全店)は21,085店。

ファミリーマート/国内(単体ベース)は、既存店売上高93.6%、同客数86.5%、同客単価108.2%。店舗数(全店)は15,725店。

ローソン/ローソン事業(ローソン・ナチュラルローソン)は、既存店売上高96.5%、同客数88.2%、同客単価109.5%。店舗数(全店)は13,214店。

ミニストップは、既存店売上高95.0%、同客数87.5%、同客単価108.6%。店舗数(全店)は1,999店。

コンビニエンスストアの2021年2月の業績一覧

各社発表データによる。一部に速報値を含む。売上高、客数、客単価のパーセンテージは前年同月比。

凡例:10%以上のプラス5%以上のプラス前年同月未達5%以上のマイナス10%以上のマイナス。順不同。

コンビニエンスストア2021年2月度業績
企業名 事業名/「チェーン名」 既存店 全店
売上(%) 客数(%) 客単価(%) 店舗数(店) 売上(%) 客数(%) 客単価(%)
7&IHD セブン-イレブン・ジャパン 99.3 91.6 108.4 21,085 96.1
ファミリーマート 国内(単体ベース) 93.6 86.5 108.2 15,725 91.6
ローソン ローソン(単体) 96.4 88.1 109.4 13,893 92.7
ローソン事業(ローソン・ナチュラルローソン) 96.5 88.2 109.5 13,214 93.1
ローソンストア100事業 93.2 86.9 107.2 679
ポプラ 85.7 80.0 107.1 368 77.9 72.7 107.3
スリーエフ 「ローソン・スリーエフ」 103.0 92.8 111.0 342 97.7
ミニストップ 95.0 87.5 108.6 1,999 95.3 87.7 108.7
JR東日本リテールネット 「NewDays」 66.0 64.0 103.0 496 65.8