グリホサート発がん性は虚偽

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.17(2019.08.21)を発表した。また、「【NIH】消費者向けファクトシート:銅、プロバイオティクス」を食品安全情報(化学物質)No.17(2019.08.21)別添として発表した。

注目記事

【TGA】補完医薬品の概要

 オーストラリアTGA(Therapeutic Goods Administration)は補完医薬品を理解するためのQ&Aを公表した。補完医薬品は、健康食品店、スーパーマーケット、薬局で入手できる非処方薬である。補完医薬品は医療専門家が推奨する医療を代替するものではない。補完医薬品には、伝統ハーブ医薬品、一部の栄養サプリメント、ビタミン・ミネラル類、ホメオパシー製品、伝統中国医薬品、アーユルヴェーダ等が含まれ、リスト記載の補完医薬品、評価済みリスト補完医薬品、登録補完医薬品の3つに分類される。

【TGA】オーストラリアでのスポーツ用サプリメント

 オーストラリアではサプリメントは食品または医薬品として規制されており、その製品がFood Standard CodeとTherapeutic Goods Act 1989のどちらで規定されている要件を満たしているのかに応じて決まる。TGAによって規制される製品には、ラベルに「AUST」番号が記されている。これらの製品はリスクに応じて規制され、オーストラリアでの供給が承認されて登録医薬品(AUST-R)またはリスト医薬品(AUST-L)としてオーストラリア医薬品登録(ARTG)が行われている。

 市販されているスポーツサプリメントの中には、治療用製品でありながら、製造業者または輸入業者によって事前にARTG登録をされていないものがある。オーストラリア・スポーツ・アンチ・ドーピング機構(ASADA)は、とくにスポーツ選手にまつわる、スポーツサプリメントを使用することの危険性とリスクについてWebサイトで情報を公開している。

※ポイント:上記2つの記事は、前号で紹介したオーストラリアの「天然」(natural)表示の記事にも関係しています。補完医薬品は医薬品の一つの分類なので、販売前にオーストラリア医薬品登録(ARTG)を行う必要がありますが、その手続きが行われていない製品が流通していることからTGAが注意を呼びかけています。

【EPA】EPAは消費者に正確なリスク情報を提供し、製品の虚偽表示を止めるために対応する

 米国環境保護庁(EPA)は、グリホサートが発がん性であると主張する表示をもはや認めない。連邦殺虫剤・殺菌剤・殺鼠剤法(FIFRA)表示規定を満たさない虚偽の主張だと判断したためである。

 カリフォルニア州の批判の多いProposition 65がグリホサートのような製品にこの誤解を招く表示を要求し、人々に自分たちの直面するリスクについての間違った情報を与えてきた。カリフォルニアがProposition 65リストにグリホサートを載せたのはIARCの分類が根拠であるが、EPAの独立した評価はIARCより包括的で妥当なもので、その結果EPAはグリホサートに発がん性はありそうにないと結論している。

 現在Proposition 65の警告を表示しているグリホサート製品の登録業者は、90日以内にその警告文を排除した改訂表示案を提出しなければならない。

※ポイント:EPAはIARCとカリフォルニア州に業を煮やしたのか、規制機関は消費者に正確で科学に基づいたリスク情報を伝えなければならないという考えのもと、かなり強く厳しい言い方でProposition 65の警告表示削除の指示を発表しています。

編集註:「Proposition 65」についての記述は食品安全情報(化学物質) No.19(2018.09.12)にもあります。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(化学物質)No.17(2019.08.21)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2019/foodinfo201917c.pdf
食品安全情報(化学物質)No.17(2019.08.21)別添
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2019/foodinfo201917ca.pdf

今号の目次

【FAO】
1. 気候変動に直面してアフリカの食糧安全保障にはより大きなレジリエンス(回復力)が必要
2. Codex

【EC】
1. 新規食品統合リスト
2. 査察報告書
3. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. 第51回コーデックス残留農薬部会(CCPR)会合におけるEUの見解を準備するための科学的支援
2. GMO食品へのヒトの食事暴露
3. パブリックコメント募集:食品と飼料中の塩素化パラフィン
4. SIGMAプロジェクトにおけるデータ分析及び報告ツールの概要
5. リスクアナリシスの不確実性に関する国際会議
6. 香料グループ評価
7. 新規食品関連
8. 遺伝子組換え関連
9. 飼料添加物関連

【DEFRA】
1. 将来のフードシステムに意見募集

【NHS】
1. Behind the Headlines

【ASA】
1. ASA裁定

【BfR】
1.「栄養とヒト健康分野におけるゲノム編集」BfR消費者会議が2019年8月10日から始まる
2. BfRは世界の消費者の健康保護を強化する
3. 殺虫剤クロルピリホスは認可更新基準を満たさない:BfRはEFSAの科学的評価を共有する

【FSAI】
1. アイルランド食品事業者の懸念事項トップには食品安全と人材

【FDA】
1. FDAはミラクルミネラルソリューション(Miracle Mineral Solution)の危険で死に至る可能性のある副作用について消費者に警告
2. 全米産業用ヘンプ会議2019ヘンプビジネスサミットにおけるスピーチ
3. FDAは食用水棲種の動物用医薬品の残留キネティクスと代謝を評価するためのガイドラインを発表
4. 警告文書

【EPA】
1. EPAは消費者に正確なリスク情報を提供し、製品の虚偽表示を止めるために対応する

【USDA】
1. USDAは収量の多い除草剤耐性遺伝子組換え大豆の規制解除を発表
2. USDAは油組成の異なる除草剤耐性遺伝子組換えキャノーラの規制解除を発表

【NIH】
1. 医療従事者向けファクトシート更新:ビタミンD

【CFIA】
1. 食品安全検査報告書:アレルゲン報告書
2. 消費者助言‐CFIAは製品入れ替え及び/又は異物混入の可能性のため乳児用調製乳に気を付けるよう消費者に助言する

【FSANZ】
1. 食品基準通知

【TGA】
1. 補完医薬品の概要
2. オーストラリアでのスポーツ用サプリメント
3. 広告に関する指示通知
4. 安全性警告

【MPI】
1. リコール情報

【香港政府ニュース】
1. ドリアンに着色剤クルクミンを検出
2. メカジキのサシミに基準値超過の水銀を検出
3. CFSは日本産凍結卵白の違法輸入に関して追跡する
4. 違反情報

【MFDS】
1.日本産輸入食品の放射能検査の結果
2. 説明資料「輸入禁止の中国産豚肉が直販に?穴のあいた検疫」報道について
3. 米国産の小麦や小麦粉で未承認遺伝子組換えの小麦は不検出
4. 食品医薬品安全処、国外試験・検査機関対象の新規試験法、制度などを盛り込んだ英文ニュースレターの発刊
5.(関係省庁合同)農薬のポジティブリスト制度の全面施行以降に上半期農産物の不適合減少
6. 食品医薬品安全庁、輸入食品情報の国民のオンライン需要調査
7. 食品医薬品安全処、国民が体感する食・医薬を積極的に行政の活性化に始動
8. バイオ食品添加物の活性化のための審査規定改訂
9. 医療専門家まで動員した虚偽・誇大広告の点検強化
10. 食品の安全性公共データ活用事例集の初発刊
11. 安全性評価のための動物代替試験法ガイドラインの発刊
12. 回収措置

【HSA】
1. HSA警告:表示されていない医薬品成分が検出された3製品;1件で消費者に深刻な副反応が発生

【FSSAI】
1. メディアから:FSSAIの包装中へのおもちゃ指令の後、Nagpurの子供がおもちゃを飲み込んで病気になった

【その他】
・ProMED-mail

別 添
【NIH】
・消費者向けファクトシート:銅、プロバイオティクス