従業員コロナでも食品回収不要

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.07(2020.04.01)を発表した。

注目記事

【米国】食品安全とコロナウイルス感染症

※編集部註:COVID-19=病名、SARS-CoV-2=ウイルス名。

 米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)は、食品業界および消費者向けに、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)と食品安全に関する情報提供を行っている。詳細情報は、コロナウイルス感染症2019(COVID-19)のメインページ https://www.fda.gov/emergency-preparedness-and-response/counterterrorism-and-emerging-threats/coronavirus-disease-2019-covid-19 参照。以下は抜粋。

Q:米国の食品供給は安全であるか?

A:現時点では、食品や食品包装がCOVID-19への感染に関連していることを示すエビデンスは存在しない。食品を介した曝露がSARS-CoV-2の伝播経路になるという報告はない。

 SARS-CoV-2が生残する表面や物体に触れた後に口・鼻・目などを触ることでCOVID-19に感染する可能性もあるが、これはSARS-CoV-2の主要な伝播経路という報告はない。しかし、食品由来疾患の予防のために、食品安全の基本となる「清潔を保つ」「食品を分ける」「加熱する」、「冷やす」の4つの手順を遵守することが常に極めて重要である。

Q:食品を製造・加工する施設/農場の従業員がCOVID-19検査で陽性結果となった場合、当該施設で製造される食品の安全性を確保するためにはどのような対策を講じる必要があるか?

Q:従業員が就業中にSARS-CoV-2を排出していた可能性がある場合、その期間に当該施設で製造された食品を回収する必要はあるか?

A:現時点では食品や食品包装に関連したCOVID-19への感染を裏付けるエビデンスは存在しないため、COVID-19を理由とした食品の回収や市場からの撤去の必要性は想定されない。

Q:COVID-19に関連して、小売施設でのサラダバーなどのセルフサービス式での食品提供についてはどのように対処すべきか?

A:繰り返しになるが、食品や食品包装に関連したCOVID-19への感染を裏付けるエビデンスは現時点では存在しない。

 表面との接触を介したCOVID-19感染の予防に役立つ追加の対策として、すべての食品接触面および器具の頻繁な洗浄・消毒が推奨される。また食品業従事者は、頻繁な手指の洗浄、および食品取り扱い前後に手袋の交換を実践しなければならない。調理台や調味料容器の頻繁な洗浄・消毒もこれに含まれる。消費者は取り分け用の器具を使用した後にも手指を洗浄すべきである。

 COVID-19の拡散が長期間続いている地域では、州および地方自治体の公衆衛生当局が、集団での食事について中止勧告または禁止する社会的距離措置を実施している。FDAは、これらの措置が解除されるまではセルフサービス式での食品提供やサラダバーも中止するよう勧告している。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.07(2020.04.01)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2020/foodinfo202007m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 米国食品医薬品局(US FDA)が食品業界関係者にコロナウイルス感染症2019(COVID-19)に関する概況を説明
2. 食品安全とコロナウイルス感染症2019(COVID-19)(2020年3月23、20、17日付情報)

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. クローバースプラウトに関連して発生している大腸菌O103感染アウトブレイク(2020年3月19日付更新情報)

【カナダ政府(Government of Canada)】
1. コロナウイルス感染症(COVID-19):予防とリスク(食品関連部分のみ要約)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. 欧州連合/欧州経済領域(EU/EEA)加盟各国が行うためのE型肝炎ウイルスの検査およびサーベイランスに関する選択肢 - 実務ガイダンス

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. カンピロバクター(Campylobacter jejuni)ゲノムの分子タイピングおよびWGS(全ゲノムシークエンシング)にもとづく食品安全リスク評価ツールの作成に関する研修

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. 新型コロナウイルスは食品や物を介して伝播し得るか? (更新)

【ProMED mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報2020(01)