葉物など依然量多く荷動き鈍い

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2021年11月第5週(11月26日〜12月2日)の概況より。
開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。
1日平均入荷量は総量5,658t(前週比102%、前年同期比99%)。

日ごとの動き

前週比ではなす、ほうれんそう、ブロッコリー等が減少したが、トマト、さつまいも、にんじん等が増加したため、2%の増加となった。

前年同期比では、さつまいも、だいこん、さといも等が増加したが、ブロッコリー、トマト、じゃがいも等が減少したため、1%の減少となった。

市況は前週比で保合、前年同期比で区々となった。

品目別の動き

だいこん 千葉県を中心に神奈川県等から入荷し、前週比で5%の増加となった。数量は十分で荷動きは鈍く、千葉県産の価格は弱保合となった。

にんじん 千葉県を中心に順調に入荷し、前週比で12%の増加となった。全体量は十分で荷動きは鈍く、千葉県産の価格は弱保合となった。

キャベツ 千葉県を中心に愛知県等から入荷し、前週比で4%の増加となった。月初の量販店特売等から荷動きはやや改善するも、依然として全体量は多く、千葉県産の価格は弱保合となった。

レタス 茨城県を中心に静岡県等から入荷し、前週比で3%の増加となった。全体量は潤沢で荷動きは鈍く、茨城県産の価格は弱保合となった。

はくさい 茨城県を中心に長野県等から入荷し、前週比で3%の増加となった。気温低下により需要がありながらも全体量は多く、茨城県産の価格は保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に茨城県等から入荷したが、関東産が出荷のピークを過ぎたことにより、前週比で14%の減少となった。量販店特売等による需要で荷動きは良好で、群馬県産の価格は強保合となった。

ねぎ 秋田県、茨城県等から入荷したが、前週比で5%の減少となった。秋田県産の価格は保合となった。

きゅうり 埼玉県、宮崎県等から入荷したが、前週比で4%の減少となった。埼玉県産の価格は保合となった。

なす 高知県を中心に熊本県等から入荷したが、気温低下等から樹勢が落ち着き、前週比で21%の減少となった。高知県産の価格は強保合となった。

トマト 熊本県、愛知県等から入荷し、前週比で14%の増加となった。熊本県産の価格は保合となった。

ピーマン 茨城県を中心に宮崎県等から入荷したが、茨城県産の秋作が終盤に入り、前週比で6%の減少となった。荷動きは鈍く、茨城県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2021年11月第5週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん537105115せり千葉101,080
相対千葉10432
かぶ669499せり千葉0.8133
相対千葉0.884
にんじん390112100せり千葉10-
相対千葉10864
ごぼう3791113せり青森4-
相対青森4810
れんこん379288せり茨城42,160
相対茨城41,577
キャベツ732104111せり千葉10972
相対千葉10540
レタス26410392せり茨城102,052
相対茨城10837
はくさい732103101せり茨城15950
相対茨城15475
こまつな479993せり茨城0.2-
相対茨城0.243
ほうれんそう688686せり群馬0.2140
相対群馬0.280
ねぎ23595100せり秋田5-
相対秋田5891
しゅんぎく149582せり千葉0.1563
相対千葉0.1565
ブロッコリー1568976せり埼玉4-
相対埼玉41,026
きゅうり21196102せり埼玉5-
相対埼玉51,485
かぼちゃ779187せり北海道10-
相対北海道101,598
なす887993せり高知52,880
相対高知52,290
トマト21611478せり熊本4-
相対熊本42,182
ミニトマト9210897せり熊本3-
相対熊本31,966
ピーマン9094102せり茨城0.1576
相対茨城0.1558
じゃがいも27511081せり北海道10-
相対北海道103,024
さつまいも161113116せり千葉5-
相対千葉51,253
さといも43100115せり埼玉10-
相対埼玉102,938
たまねぎ407108109せり北海道20-
相対北海道205,184
なましいたけ349296せり秋田0.1-
相対秋田0.1116
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/