たまねぎ、かぼちゃなど増加

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年2019年10月第3週(10月18日〜10月24日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量5,817t(前週比105%、前年同期比102%)。

 前週比ではトマト、きゅうり、かぶ等が減少したが、たまねぎ、かぼちゃ、じゃがいも等が増加したため、前週比5%の増加となった

 前年同期比では、かぶ、さつまいも、さといも等が減少したが、かぼちゃ、にんじん、ピーマン等が増加したため、2%の増加となった

 市況は前週比は区々、前年同期比は弱保合となった。

品目別の動き

だいこん 北海道、青森県等から入荷し、前週比12%の増加となった。北海道産の価格は弱保合となった。

にんじん 北海道を中心に入荷し、北海道産は終盤ながら十分な入荷量があり前週比3%の増加となった。北海道産の価格は保合となった。

キャベツ 群馬県を中心に岩手県等から入荷し、群馬県産は終盤だが他の産地から潤沢に入荷し前週比10%の増加となった。群馬県産の価格は弱保合となった。

レタス 茨城県を中心に長野県等から入荷したが、数量はさほど多くなく前週比11%の減少となった。茨城県産の価格は強保合となった。

はくさい 長野県を中心に茨城県等から潤沢に入荷し、前週比12%の増加となった。入荷量は多いが引き合いもまずまずのため長野県産の価格は保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に茨城県等から入荷したが、気温の低下と降雨が多いため前週比4%の減少となった。群馬県産の価格は強保合となった。

ねぎ 青森県、北海道を中心に入荷し、前週比21%の増加となった。気温の低下で引合いが出てきているため青森県産の価格は強保合となった。

きゅうり 埼玉県を中心に群馬県等から入荷したが、関東産は気温の低下により前週比18%の減少となった。埼玉県産の価格は強保合となった。

なす 高知県を中心に栃木県等から入荷したが、群馬県産、栃木県産が終盤かつ台風の影響により前週比10%の減少となった。高知県産の価格は強保合となった。

トマト 千葉県、北海道等から入荷したが、前週比22%の減少となった。千葉県産の価格は強含みとなった。

ピーマン 茨城県を中心に岩手県等から入荷したが、前週比13%の減少となった。荷動きは鈍く茨城県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年10月第3週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん518112109せり北海道10-
相対北海道10756
かぶ398376せり千葉0.8-
相対千葉0.8119
にんじん377103125せり北海道10-
相対北海道101,080
ごぼう40106106せり青森4-
相対青森4594
キャベツ805110101せり群馬10-
相対群馬10691
レタス2598999せり茨城10-
相対茨城101,447
はくさい807112100せり長野15-
相対長野15778
こまつな499297せり茨城0.2-
相対茨城0.265
ほうれんそう529695せり群馬0.2-
相対群馬0.2112
ねぎ24012195せり青森5-
相対青森51,685
きゅうり1988295せり埼玉5-
相対埼玉52,290
かぼちゃ161132129せり北海道10-
相対北海道101,426
なす13390114せり高知5-
相対高知51,858
トマト24878117せり千葉4-
相対千葉41,490
ミニトマト8594108せり茨城3-
相対茨城32,052
ピーマン9087118せり茨城0.15-
相対茨城0.1560
じゃがいも30112399せり北海道10-
相対北海道10864
さつまいも1138790せり千葉5-
相対千葉51,231
さといも4411791せり埼玉10-
相対埼玉103,067
たまねぎ41915195せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ36120112せり岩手0.1-
相対岩手0.197
まつたけ2106112せり国内0.4-
相対国内0.4-
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/