前年並み。客単価は上昇傾向

日本フードサービス協会(JF)は2019年2月外食産業市場動向調査を発表した。全体(事業社数199、店舗数36,467店=100.3%)合計の売上高は101.9%と前年同月を上回った。客単価は上昇しながら、客数は100.3%と前年並み。

 前月に続き全業態がほぼ前年並みで推移した。持ち帰り米飯/回転寿司、和風ファミリーレストランで前年同月未達となったがほぼ前年並みのレベル。

 全業態で客単価は前年同月の100.2%〜102.7%とプラスを示しており、維持または若干上昇させている傾向が見られる。

 JFでは「2月は、暖冬傾向で気温が高く、天候が比較的安定していたことも外食需要の下支えとなり、FFを中心に概ね堅調に推移し、全体の売上は101.9%と30カ月連続して前年を上回った。また、FFを中心に導入が進んでいる宅配代行サービスやQR決済も、全体売上への効果はまだ限定的ではあるものの、売上伸長に寄与している」としている。

外食産業市場動向調査2019年2月度全店データ
事業社数 店舗数 売上高(前年比) 店舗数(前年比) 客数(前年比) 客単価(前年比)
全体 (N=199) (N=36,467) 101.9% 100.3% 100.3% 101.6%
ファストフード 合計 (N=57) (N=19,913) 102.4% 100.4% 100.3% 102.0%
洋風 (N=18) (N=6,525) 104.7% 99.7% 102.5% 102.1%
和風 (N=15) (N=5,077) 100.3% 101.6% 97.6% 102.7%
麺類 (N=23) (N=3,452) 101.7% 102.4% 101.0% 100.7%
持ち帰り米飯/回転寿司 (N=17) (N=2,266) 99.2% 97.7% 98.0% 101.1%
その他 (N=8) (N=2,593) 102.0% 100.0% 101.1% 100.9%
ファミリーレストラン 合計 (N=52) (N=9,838) 101.1% 100.2% 100.1% 101.0%
洋風 (N=21) (N=4,995) 100.5% 99.7% 99.8% 100.7%
和風 (N=27) (N=2,034) 99.6% 99.0% 98.3% 101.3%
中華 (N=15) (N=1,438) 104.1% 102.1% 102.9% 101.2%
焼肉 (N=15) (N=1,371) 101.9% 102.0% 101.4% 100.5%
パブ/居酒屋 合計 (N=33) (N=2,378) 102.3% 100.6% 101.9% 100.4%
パブ・ビアホール (N=9) (N=336) 104.0% 101.5% 103.6% 100.4%
居酒屋 (N=28) (N=2,042) 101.9% 100.4% 101.4% 100.5%
ディナーレストラン(計) (N=25) (N=999) 101.9% 98.5% 101.6% 100.2%
喫茶(計) (N=14) (N=2,057) 101.2% 100.5% 99.8% 101.5%
その他(計) (N=18) (N=1,282) 102.0% 98.2% 101.4% 100.6%

凡例:前年同月未達10%以上のプラス5%以上のプラス▲5%以上のマイナス▲10%以上のマイナス

※前年同月比は税抜比較で行っている。

※ファストフード、ファミリーレストラン、パブ/居酒屋の各業態の内訳に関しては、重複する事業社があるため合計の数値は必ずしも内訳の累積に一致しない。

ファストフード

ファストフード全体の事業社数は57、店舗数は19,913店(100.4%)。客単価は上昇しながら、客数は100.3%と前年並み。売上高は102.4%と前年同月を上回った。

洋風ファストフード(事業社数18、店舗数6,525店=99.7%)は、客単価は上昇したが、客数は102.5%と前年同月を上回った。売上高は104.7%と前年同月を上回った。

和風ファストフード(事業社数15、店舗数5,077店=101.6%)は、客単価は上昇し、客数は97.6%と前年同月を下回った。売上高は100.3%と前年同月をクリア。

麺類ファストフード(事業社数23、店舗数3,452店=102.4%)は、客単価は前年並みだが、客数は101.0%と前年同月を上回った。売上高は101.7%と前年同月を上回った。

持ち帰り米飯/回転寿司ファストフード(事業社数17、店舗数2,266店=97.7%)は、客単価は上昇し、客数は98.0%と前年同月を下回った。売上高は99.2%と未達ながら前年同月並み。

その他ファストフード(事業社数8、店舗数2,593店=100.0%)は、客単価は前年並みだが、客数は101.1%と前年同月を上回った。売上高は102.0%と前年同月を上回った。

ファミリーレストラン

ファミリーレストラン全体の事業社数は52、店舗数は9,838店(100.2%)。客単価は上昇しながら、客数は100.1%と前年並み。売上高は101.1%と前年同月を上回った。

洋風ファミリーレストラン(事業社数21、店舗数4,995店=99.7%)は、客単価は前年並みで、客数は99.8%とほぼ前年並み。売上高は100.5%と前年同月をクリア。

和風ファミリーレストラン(事業社数27、店舗数2,034店=99.0%)は、客単価は上昇し、客数は98.3%と前年同月を下回った。売上高は99.6%と未達ながら前年同月並み。

中華ファミリーレストラン(事業社数15、店舗数1,438店=102.1%)は、客単価は上昇したが、客数は102.9%と前年同月を上回った。売上高は104.1%と前年同月を上回った。

焼肉ファミリーレストラン(事業社数15、店舗数1,371店=102.0%)は、客単価は前年並みだが、客数は101.4%と前年同月を上回った。売上高は101.9%と前年同月を上回った。

パブ・居酒屋

パブ/居酒屋全体の事業社数は33、店舗数は2,378店(100.6%)。客単価は前年並みだが、客数は101.9%と前年同月を上回った。売上高は102.3%と前年同月を上回った。

パブ・ビアホール(事業社数9、店舗数336店=101.5%)は、客単価は前年並みだが、客数は103.6%と前年同月を上回った。売上高は104.0%と前年同月を上回った。

居酒屋(事業社数28、店舗数2,042店=100.4%)は、客単価は前年並みだが、客数は101.4%と前年同月を上回った。売上高は101.9%と前年同月を上回った。

ディナーレストラン

ディナーレストラン全体(事業社数25、店舗数999店=98.5%)は、客単価は前年並みだが、客数は101.6%と前年同月を上回った。売上高は101.9%と前年同月を上回った。

喫茶

喫茶全体(事業社数14、店舗数2,057店=100.5%)は、客単価は上昇しながら、客数は99.8%とほぼ前年並み。売上高は101.2%と前年同月を上回った。

その他の業態

その他全体(事業社数18、店舗数1,282店=98.2%)は、客単価は前年並みだが、客数は101.4%と前年同月を上回った。売上高は102.0%と前年同月を上回った。

●日本フードサービス協会
http://www.jfnet.or.jp/data/data_c.html