腐らないのは「マクドナルド」だけじゃない

ドライマンゴー
ドライマンゴー
ドライマンゴー
ドライマンゴー
スーパーマーケットでの豆の販売
スーパーマーケットでの豆の販売
「マクドナルド」のハッピーセットが腐らないというスライドショーが話題になったことについて話し始めた2人。保存料を使わなくても腐らない食べ物はあると言って去ったタクヤだったが。

米やするめも腐らないんですが

リョウ 「来たか。ごくろう」

タクヤ 「話の途中でしたからね。来ざるを得ません」

リョウ 「『マクドナルド』のハッピーセット(Happy Meal)買って来て毎日写真撮ってたら、全然腐らないっていう話題について話してたんだが、何か、先週はまたカリカリしてたな。機嫌なおしたか?」

タクヤ 「大丈夫です。ほっといても腐らない・カビない食べ物なんかほかにいくらでもあるという話からでしたね。ほっといてもと言いましたが、とくに保存料など使うことなく、という意味です」

リョウ 「まあ、干し柿でも食え」

タクヤ 「秋・冬の食べ物だと思ってましたが。いただきます」

リョウ 「ほっといても腐らない食べ物の話の途中でお前が帰って一週間もほっとかれたから、その間にいろいろ考えたよ、オレも」

タクヤ 「それで干し柿ですか」

リョウ 「これはほっといても腐りもカビもしないだろう。だいぶ前にもらって戸棚にしまったままだったのを思い出したんだ」

タクヤ 「うあ。でもまあ、ほかにもドライフルーツとかいろいろありますね。あと、穀物はどうですか」

リョウ 「そうか。米、小麦、飼料や工業原料のトウモロコシ、豆類、そういうのはたいてい倉庫に常温で保管しているな」

タクヤ 「低温貯蔵米とかというのもありますが、だいたい15℃ぐらいで冷蔵庫より高い温度です」

リョウ 「ふむ。するめとか干物のたぐいもそうか」

タクヤ 「アジの開きなんかは冷蔵庫に入れてなるべく早く食べたほうがいいですが、するめは常温で流通して、家でも常温ですね」

リョウ 「うん。最近食ってないけどな。でも待てよ。今挙げたものって、ハンバーガーとかフライドポテトとかと違って、どれも生きているうちに乾燥させたものだよな」

タクヤ 「隊長が言うと、おいしいものもなんだか残酷に聞こえますね。何をもって死とするかどうかはけっこう難しくて、生と死の境はあいまいだというようなことを養老孟司先生が書いてましたが」

リョウ 「イカは干されるときには死んでるわな。言いたいことは、つまり生のまま干したものだってことだ」

タクヤ 「料理しないで乾燥させたと」

リョウ 「そう。ということは、最近話題の牛肉のドライエージングなんかも、生のまま常温で数カ月とか貯蔵するわけだよな」

タクヤ 「そうですね」

せんべいも煮干しも腐らないんですが

リョウ 「生き物というのは、細胞が生きているうちは免疫系が働いてなんてことはあるんじゃないのか?」

タクヤ 「じゃ、加熱調理した後なのにほっといても腐らない・カビない食べ物を挙げましょうか。あられ・せんべい、乾パン、煮干し、なんかはどうですか?」

リョウ 「はあ。なるほどな。餅はカビるけど、あられはカビないなぁ。『ガールズ&パンツァー』の生徒会長が食ってる干し芋も、ありゃあサツマイモを蒸してから乾燥するんだ。そうだ、干し飯(糒)なんてのもあるな」

タクヤ 「渋いもの挙げますね」

リョウ 「『ガルパン』がか?」

タクヤ 「違います(無視)。干し飯は、最近はアルファ化米なんて名前でスーパーに並んでるのを見ることがありますが」

リョウ 「高校の古文で習ったぞ。『伊勢物語』でだな、家出しちゃった男が、旅の途中で、都に置いてきたかみさんのこと思い出すなぁって歌を詠んだら、周りの連中がそれを聞いて『乾飯(ほしいい)の上に涙おとしてほとびにけり』となったという」

タクヤ 「炊いたご飯を洗って乾燥させたもので、水をかければご飯になるんですよね。日本軍が兵糧として見直して、今は災害用の保存食としても注目されてますね。キャンプにもいいとか」

リョウ 「キャンプは飯ごう炊さんだろう、やっぱり。まあいいや。で、今挙げたようなものは、何で腐ったりカビたりしないんだ?」

タクヤ 「カビないかどうかは微妙ですね。カビというのはけっこう気の利いた生き物で、温度と湿度が適度に揃えば、今挙げた食べ物にも生えることはありますよ」

リョウ 「それで『レイアンシツに保管してください』とか書いてあるわけか」

タクヤ 「冷暗所です。レイアンショ」

リョウ 「でもまあ、こういうのはけっこう適当な扱いをしていても、腐ることはほとんどないだろうな」

タクヤ 「腐ったするめとか、腐ったせんべいとか、あまり見ませんね」

リョウ 「じゃあ、説明してもらおうじゃないか。するめ、せんべいが腐らない理由を」

タクヤ 「わかりました。で、ちょっと喉渇いたので水もらえますか」

リョウ 「水なんかいくらでも飲め。ほら」

タクヤ 「ふー。生き返った。じゃ、今日は帰ります」

リョウ 「オイ!」

●このシリーズの第1話
「マクドナルド」ハッピーセットが腐らない話について

About 北遥 41 Articles
もの書き稼業 きた・はるか 理科好きの理科オンチ。