食品安全情報(微生物)No.01(2013.01.09)

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.01(2013.01.09)を発表した。

注目記事

【Eurosurveillance】新しい変異株出現の可能性あるノロウイルスが2012年後半世界的に上昇

 2012年後半にノロウイルスの活動が世界的に上昇している。分子生物学的データは、この上昇がノロウイルス遺伝子型II.4の新しい変異株(Sydney 2012)の出現と関連していることを示している。医療機関は今シーズンのノロウイルスの深刻な流行に対し準備を整えるべきである。

 英国、オランダ、日本の疫学サーベイランスおよび検査機関サーベイランスは、2012年後半のノロウイルスの活動が昨シーズンに比べ高レベルであることを示している。オーストラリア、フランス、ニュージーランドでも、未発表データによればウイルス活動の上昇がみられる。

【FSAI】農場でのベロ毒素産生性大腸菌感染を防ぐための助言に関する小冊子

 アイルランド食品安全局(FSAI)は、農場でのベロ毒素産生性大腸菌(VTEC)感染のリスクについて小冊子を発行した。

 農場での大腸菌感染を防ぐためにFSAIが掲げる重要な助言は以下の通りである。

・農場で作業をしたり遊んだりした後は手を洗う
・農場の飲用水、特に私設井戸の水の安全性を確認する
・未殺菌乳は飲まず、来訪者にも飲ませない
・有機肥料は安全な方法で使用する
・家畜を清潔に保つ
・下痢や嘔吐を呈した小児は、症状が治まった後も48時間経過するまでは保育施設や保育士に預けない

【MPI】そのまま喫食可能な(RTE)食品におけるリステリア菌汚染対策のガイダンス文書

 ニュージーランド第一次産業省(MPI)は、そのまま喫食可能な(RTE: Ready-to-Eat)食品におけるリステリア菌汚染対策の食品事業者向けの各種ガイダンス文書を公表した。

 Part 1ではリステリア菌の概要、食品汚染の実態および汚染経路等について、Part 2では汚染防止対策に有効な適正作業規範(GOP: Good Operating Practices)について、Part 3では製品中およびその加工場所におけるリステリア菌確定のための微生物学的検査法についてそれぞれ解説している。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(微生物)No.01(2013.01.09)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2013/foodinfo201301m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 米国食品医薬品局(US FDA)が食品由来疾患の予防と安全な農産物のための新しい食品安全基準を提案:一般からの意見を募集

【米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)】
1. 食品安全上の新規の問題に対処するための優先研究課題のリストを更新

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. マンゴーに関連したサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイク(最終更新)

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【Eurosurveillance】
1. 遺伝子型II.4の新しい変異株の出現に関連の可能性があるノロウイルス活動の2012年後半における世界的な上昇

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 微生物学的リスクアセスメントに関する科学的ネットワークの年次報告書
2. 牛海綿状脳症および伝達性海綿状脳症に関する科学的ネットワークの年次報告書
3. 3A. ウシ科動物の食肉検査に関する技術ヒアリング報告書
3B. 小型反芻動物の食肉検査に関する技術ヒアリング報告書
3C. 飼育狩猟鳥獣の食肉検査で対象となるハザードに関する技術ヒアリング報告書
3D. 単蹄類家畜の食肉検査に関する技術ヒアリング報告書

【英国健康保護庁(UK HPA)】
1. ノロウイルスの季節性流行に関する最新情報(2013年1月8日付更新情報)
2. Haveringロンドン特別区で発生した食中毒の調査

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 食品微生物学的安全性諮問委員会(ACMSF)の2011年次報告書

【アイルランド食品安全局(FSAI)】
1. 農場でのベロ毒素産生性大腸菌感染を防ぐための助言に関する小冊子を発行

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 食品中のウイルスの検出法とタイピング法の比較検討:A型肝炎ウイルスおよびロタウイルス

【ニュージーランド第一次産業省(MPI NZ)】
1. 動物由来製品の全国微生物学的検査データベースプログラムの規格に関する通知(2012年)
2
2. そのまま喫食可能な(RTE)食品におけるリステリア菌汚染対策のガイダンス文書を公表

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報