大豆の力を活用する小学校

鎌倉から江ノ島電鉄で数駅の所に、大豆の力をたくみに活用している小学校がある。
鎌倉から江ノ島電鉄で数駅の所に、大豆の力をたくみに活用している小学校がある。
鎌倉から江ノ島電鉄で数駅の所に、大豆の力をたくみに活用している小学校がある。
鎌倉から江ノ島電鉄で数駅の所に、大豆の力をたくみに活用している小学校がある。

日本人の食卓に大豆製品は欠かせない。たんぱく質と脂質に富み、味もよいからだ。アミノ酸バランスも理想に近く、イソフラボン等の効果も期待できる。こうした“大豆の力”をたくみに活用している事例があるので、それを紹介したい。

しょうゆ出前授業

 しょうゆ情報センター(https://www.soysauce.or.jp/)は、“食育”の一環として、また、しょうゆ生産量の減少対策として、理解者を増やす試みを行っている。将来消費者となる小学生を対象に、出前授業でしょうゆの造り方を教えるのである。知識を伝えるだけではない。原料をはじめ、麹や経過段階の異なる諸味(もろみ)を持参して、実際に観て・触って・味わってもらう。

 2005年に開始したが、好評で依頼を寄せる学校が毎年少なくない。講師は一定のトレーニングを受けた「しょうゆもの知り博士」で、しょうゆ関連の技術者が多い。全国に配置されていて、小学校から依頼があると派遣される。興味のある方は、しょうゆ情報センターのサイト(https://www.soysauce.or.jp/project/index.html)をご覧いただきたい。

 筆者は2006年から講師を務めている。毎回、子供たちのキラキラした目線を感じて、説明に力が入る。たくさんの小学校を訪問したが、2012年9月でちょうど50回になる。それぞれの学校に思い出があるが、その中でも“大豆の力”を見事に活用していた小学校のことを紹介したい。

大豆パワーの舞台

 鎌倉から江ノ島電鉄で数駅の所にある某小学校が舞台である。ここでは、食育の一環として、学年別に田んぼや野菜畑を手がけていて、その一角で、ダイズを作っている。初年度の栽培は大失敗だったという。カメムシの発生があり、収穫できなかったのだ。施肥方法が悪かったようで、再チャレンジした翌年は充分な実りを得ることができた。

 しかし、ダイズを栽培するまでなら、他の多くの学校でもやっていることである。この小学校でも、そのまま枝豆として食べようという意見も多かったという。しかし、子供たちが相談して、収穫したダイズを“変身”させることに決めたのだ。変身したのは、キナコであり、豆腐であり、みそであり、納豆であった。さすがにしょうゆは難しかったため、しょうゆ情報センターに依頼して、出前授業を受けることにしたというわけである。

 この小学校での「大豆変身物語」の実現には、学校関係者のご努力があったのはもちろんである。まず、教職員の連携がしっかりしている。PTAの協力も欠かせなかっただろう。また、地域住民の協力も大きかった。田んぼや畑は地元農家から貸していただいている。そして、関係者が信頼で結ばれている中心に素敵な女性校長の存在がある。校長は教職員の自主性を重んじているが、畑を借りに行く交渉は先頭に立つ。子供たちからも慕われている。校長室には、子供が描いた似顔絵や子供たちとの写真が飾られていた。

 秋には収穫祭を行った。自分たちが育てた野菜と自前のみそで、みそ汁を作ったのだ。キナコ餅も作った。大豆を煎って粉にするのだが、当日はこの香りが学校中を包んだという。「幸福の黄色い香り」であり、忘れられない給食になったに違いない。

 また、大豆や野菜のオリジナルソングを作った。さらに、この経験を県のイベント「子どもいきいき体験フォーラム21」などで発表した。さまざまな活動は、子供たちにしっかり記憶されたことだろう。

地域コミュニティーの復活

 昨今、小中学校に関して、世間から楽しくない話が聞こえてくる。イジメ問題、モンスターペアレント、給食費未納、学級崩壊、孤独な教師のノイローゼ・退職・自殺等々。思い浮かべると本当に心が暗くなる。だが、本稿で紹介した小学校はこれらとは無縁である。トラブルがあった場合は、関係者が即座に話し合い、大きくなる前に解決している。普段から信頼関係が築けているから、できていると言える。

 理想的と思える某小学校の状況は、地域コミュニティーの寄与が大きいように思う。この小学校も、時勢なので門扉は閉じられ門衛がいる。しかし、地域に扉は広く開かれている。筆者が出前授業で訪ねた日も、地元の女性が編んだあやとりの紐を届けに来ていた。地元と学校が密接に結びついているのだ。

 小学校は、地域コミュニティーの核になる存在だと考える。子供たちは、地域の皆で守るべき存在である。学校の各種行事に地域の協力は不可欠だ。

 団塊の世代が退職し、動き出している。活動の効果として、地域コミュニティーが活発化しているという。そのような活動に、大豆が一役買ったことをうれしく感じたものである。

横山勉
About 横山勉 57 Articles
横山技術士事務所 所長 よこやま・つとむ 休刊中の日経BP社「FoodScience」に食品技術士Yとして執筆。元ヒゲタ醤油品質保証室長、2010年独立。食品技術士センター副会長(http://fpcc.jimdo.com/)。ブログ「食品技術士Yちょいワク『食ノート』」を執筆中(http://blogs.yahoo.co.jp/teckno555)。