マンゴー関連のサルモネラ感染

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.18(2012.09.05)を発表した。アメリカとカナダで発生しているサルモネラ感染で、メキシコ産マンゴーが感染源と見られている。USDA FSISとFDAは、高齢者、妊婦、各種疾病患者のための食品安全に関する小冊子を作成した。USDA FSISはまた、食品と水の病原体リスクから消費者を保護するための新しいツールを発表した。

注目記事

【米国食品医薬品局(US FDA)ほか】マンゴー関連のサルモネラ

 アメリカとカナダで、マンゴーが感染源の可能性が高いサルモネラ感染アウトブレイクが発生している。

 感染源として疑われていマンゴーはメキシコ産で、「Daniella」ブランドのバラ売り製品もしくは箱詰め製品の一部。2012年7月12日~8月31日にさまざまな小売店で販売された。当局は、これらを喫食しないよう勧めており、出荷元を確認する調査が継続されている。

 患者数は8月29日時点で、アメリカ16州から105人(うち80人はカリフォルニア州)、カナダから21人が報告されている。

【米国食品医薬品局(US FDA)】免疫機能が低下している人々の食品安全に関する小冊子

 米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)と米国食品医薬品局(US FDA)は、高齢者、臓器移植者、妊婦、がん患者、糖尿病患者およびHIV/AIDS患者の食品由来疾患リスクの低減に役立つ小冊子「リスク集団シリーズ」(at-risk series)を作成した。

 小冊子は6冊で、それぞれ24ページ。実践的なガイダンスを、読みやすい図表、イラストを使って説明している。また、食品の購入や正しい加熱温度および外食に関する簡潔な助言を記載した、取外し可能な3枚のカードを含む。

 全ての小冊子のPDF版は下記で入手できる。

●Food Poisoning / Who’s at Risk
http://www.foodsafety.gov/poisoning/risk/index.html

【米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)】食品と水の病原体リスクから消費者を保護するためのツール

 米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)と米国環境保護庁(EPA)は、新ツール「微生物学的リスクアセスメント(MRA)ガイドライン」を発表した。食品および飲料水に関連する病原体のリスクから消費者を保護するために、科学的評価担当者が収集・使用するデータの質の向上に役立つもの。

 食品、水および環境に関連のある化学物質については、これまで包括的なMRAガイドラインは作成されていなかった。

本MRAガイドラインは、以下のFSISおよびEPAの各サイトから入手可能。

●FSIS
http://www.fsis.usda.gov/Science/Microbial_Risk_Assessment_Guideline/index.asp

●EPA
http://www.epa.gov/raf/microbial.htm

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(微生物)No.18(2012.09.05)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2012/foodinfo201218m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. 2011年のコレラ患者発生状況

【汎アメリカ保健機構(PAHO)】
1. イスパニョーラ島のコレラ制圧に経口ワクチンの補完的な使用を専門家が推奨

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. マンゴーに関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイクの調査および回収情報
2. インディアナ州の農場がサルモネラ汚染の可能性のあるカンタロープを回収
3. 食品由来疾患の被害を最も受けやすい集団のための食品安全ガイド:免疫機能が低下している人々の食品由来疾患予防を支援するため米国農務省(USDA)と食品医薬品局(US FDA)が食品安全に関する小冊子を共同作成

【米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)】
1. 食品および水に関連する病原体のリスクから消費者を保護するための新しいツール

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. マンゴーに関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイク
2. カンタロープに関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella Typhimurium)感染アウトブレイク(更新情報)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. マンゴーに関連したサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイク

【カナダ食品検査庁(CFIA)】
1. 特定のマンゴーにおけるサルモネラ(Salmonella Braenderup)汚染

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 新興リスクを特定するプロセスを欧州食品安全機関(EFSA)が検討

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 2011年11月にスコットランドで発生したボツリヌス症アウトブレイクに関する報告書

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. サルモネラコントロールプログラム:2011年の家禽群のサルモネラ陽性率の結果を発表

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 食品消費者製品安全庁(NVWA)および感染症管理センター(CIb)に報告されたオランダの食品由来感染症と食中毒(2011年)

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報