冷凍ベリーからウイルス検出

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.01(2020.01.08)を発表した。

注目記事

【米国】冷凍ベリーのサンプリング調査でウイルス検出

 米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)は、冷凍ベリーのサンプリング調査において、2019年6月30日までに国産品253検体および輸入品320検体の検査を行った。採取された冷凍ベリー検体のうち3検体からA型肝炎ウイルス、および7検体からノロウイルスの遺伝物質を検出した。この調査はまだ進行中であり、現時点では結論が得られていない。

 FDAは、2018年11月に冷凍ベリー類のサンプリング調査を開始し、この調査において計2,000検体の冷凍ベリーの検査を計画している。

 FDAは、検体からA型肝炎ウイルスやノロウイルスの遺伝物質を検出した場合、関連業者にその結果を通知し、公衆衛生保護のため協力して適切な対策を講じる予定である。その対策には、違反の是正・防止、必要に応じた違反製品の市場からの撤去などが含まれる。FDAは、2019年7月のサンガー法の導入に伴い、解析結果が得られた後に当該業者に製品の迅速な自主回収の実施を求めることにした。

【米国】カット済みフルーツに関連のサルモネラ

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)は、Tailor Cut Produce社製のカット済みフルーツに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Javiana)感染アウトブレイクを調査している。

 2019年12月11日付の初発情報以降、11州から新たに患者計85人が報告された。2019年12月30日までに、S. Javianaアウトブレイク株感染患者が11州から計96人報告されている。

 疫学調査および追跡調査により得られたエビデンスは、Tailor Cut Produce社(ニュージャージー州North Brunswick)が製造したカット済みフルーツ製品(ハネジューメロン、カンタロープ、パイナップル、ブドウ)が本アウトブレイクの感染源である可能性が高いことを示している。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.01(2020.01.08)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2020/foodinfo202001m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 冷凍ベリーのヒト病原性ウイルス汚染に関する米国食品医薬品局(US FDA)によるサ
ンプリング調査

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 固ゆで卵に関連して発生しているリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブ
レイク(2019 年12 月27 日付更新情報)
2. カット済みフルーツに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella
Javiana)感染アウトブレイク(2020 年1 月2 日付更新情報)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:ヘビおよびげっ歯類に関連して発生しているサルモネラ(Salmonella
Typhimurium)感染アウトブレイク(初発情報)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and
Feed)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)、欧州食品安全機関(EFSA)】
1. エルシニア症 - 2018 年次疫学報告書

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 伝達性海綿状脳症(TSE)の2018 年のサーベイランス結果に関する欧州連合(EU)
要約報告書