抗菌剤耐性菌の調査研究強化

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.17(2019.08.21)を発表した。

注目記事

【ドイツ】抗生物質は限界に瀕しているか

 抗生物質は細菌感染症の治療薬であるが、その治療がさらに困難になりつつある。病院、植物保護製品、畜産において抗生物質が使用された結果、細菌は自分の身を守り始め、最終治療薬に対しても耐性の獲得を進めている。他の細菌と同様、抗菌剤耐性菌も食品を介した感染が可能で、このことは物流のグローバル化に伴い、消費者保護への課題となっている。

 ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR: Bundesinstitut für Risikobewertung)は、諸外国の関連機関と協力し、この問題に関する分野横断的な研究および調査を強化している。

 抗菌剤耐性菌は、抗生物質が頻用されるところで優先的に増殖する。たとえば、病院内の患者、植物保護製品が使用される環境、各種飼育動物などである。病院内で大きな問題となっているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などの病原菌に加え、生の七面鳥むね肉や鶏の脚肉から頻繁に検出されるサルモネラやカンピロバクターなどの食品由来抗菌剤耐性菌にも注意する必要がある。

 これらの細菌は十分な加熱により死滅するが、加熱処理の前に他の食品(レタス、パンなど)に移行すると、これらの細菌は胃腸疾患の原因となったり、生体内の他の細菌に耐性を伝達することがある。病原体および耐性遺伝子が一度拡散を始めると、抗生物質が効かなくなる可能性がある。BfRの研究者は、抗菌剤耐性菌およびその耐性機構を識別する方法を開発中である。

【米国】生鮮バジル関連のサイクロスポラ感染

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)は、メキシコのSiga Logistics社(モレロス州)が供給した生鮮バジルの喫食に関連して複数州にわたり発生しているサイクロスポラ感染アウトブレイクを調査している。

 本アウトブレイクに関連して検査機関でサイクロスポラ感染が確認された患者が、2019年7月24日までに11州から計132人報告されている。サイクロスポラへの曝露は4州(フロリダ、ミネソタ、ニューヨーク、オハイオ)のレストランで起きたことが報告されている。

 現時点で得られている製品流通情報は、患者の疾患の原因となった生鮮バジルがメキシコのSiga Logistics社から供給されたことを示している。現在、本アウトブレイクの汚染源を特定するため追跡調査が継続中である。

【カナダ】冷凍シュークリームおよびミニチョコレートエクレア関連のサルモネラ

 カナダ公衆衛生局(PHAC: Public Health Agency of Canada)は、複数州の公衆衛生局、カナダ食品検査庁(CFIA)およびカナダ保健省(Health Canada)と協力し、7州(ブリティッシュ・コロンビア、アルバータ、サスカチュワン、マニトバ、オンタリオ、ケベック、ニューファンドランド・ラブラドール)にわたり発生したサルモネラ(Salmonella Enteritidis)感染アウトブレイクを調査した。本アウトブレイクは終息したと考えられ、アウトブレイク調査は終了した。

 調査結果にもとづき、可能性が高い感染源としてCelebrateブランドのシュークリーム(Classic/Classical Profiteroles、Egg Nog Profiteroles)、および同ブランドのミニチョコレートエクレアが特定された。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.17(2019.08.21)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2019/foodinfo201917m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. メキシコのSiga Logistics社(モレロス州)が供給した生鮮バジルに関連して発生しているサイクロスポラ感染アウトブレイク(初発情報)

【Morbidity and Mortality Weekly Report(CDC MMWR)】
1. 主に食品を介して伝播する病原体による感染症の暫定罹患率と動向 - 食品由来疾患アクティブサーベイランスネットワーク(FoodNet)の米国内10カ所のサイトでのデータ(2015〜2018年)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:Celebrateブランドの冷凍シュークリームおよびミニチョコレートエクレアに関連して発生したサルモネラ(Salmonella Enteritidis)感染アウトブレイク(最終更新)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【イングランド公衆衛生局(UK PHE)】
1. サンドイッチに関連して発生しているリステリア症患者を調査中(2019年8月1日付更新情報)

【アイルランド保健サーベイランスセンター(HPSC Ireland)】
1. 加熱不十分な豚肉とE型肝炎感染のリスク

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. 抗生物質は限界に瀕しているか — 細菌は最終治療薬に対しても耐性を獲得中

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 食品関連病原体による疾患の実被害(オランダ、2018年)