小麦粉に関連したO26感染

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.11(2019.05.29)を発表した。

注目記事

【米国】小麦粉に関連のO26

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)は、小麦粉に関連して複数州にわたり発生している志賀毒素産生性大腸菌O26感染アウトブレイクを調査している。

 2019年5月24日時点で、大腸菌O26アウトブレイク株感染患者が8州から計17人報告されている。患者の発症日は2018年12月11日〜2019年4月18日である。情報が得られた患者17人のうち3人が入院したが、死亡者は報告されていない。

 患者に対し、発症前1週間の食品喫食歴およびその他の曝露歴に関する聞き取り調査が実施された。聞き取りが行われた7人のうち4人が、生の自家製生地または衣の喫食または味見を報告した。このうち2人は、スーパーマーケットチェーンALDIの店舗で購入した小麦粉またはミックス粉を使用した生の生地または衣の喫食を報告した。

 ALDI社はADM Milling社と協力し、大腸菌汚染の可能性があるとして5ポンド(約2.27 kg)袋入りの「Baker’s Corner All Purpose Flour」の回収を開始した。

 本アウトブレイク調査は継続中である。FDAは、その他のブランドやロットの小麦粉についても汚染の可能性および回収の必要性を確認するための調査を進めている。

【米国】タヒニに関連のサルモネラ

 米国疾病予防管理センター(US CDC)、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)は、イスラエルから輸入したKarawanブランドのタヒニ(ゴマペースト製品)に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Concord)感染アウトブレイクを調査している。

 患者の発症日は2019年3月9日〜23日である。1人が入院したが、死亡者は報告されていない。

 患者に対し、発症前1週間の食品喫食歴およびその他の曝露歴に関する聞き取り調査が実施された。聞き取りが行われた患者3人全員がタヒニ、またはタヒニが使用されたフムス(ヒヨコマメのペースト)の喫食を報告した。

 ニューヨーク市保健精神衛生局(NYC DOHMH)は、患者が食事をした複数のレストランで記録類および食品検体を採取した。記録から、これらのレストランで使用されたタヒニはKarawanブランドであったことが判明した。また、これらのレストランのうちの1カ所で採取したKarawanブランドの開封済みおよび未開封タヒニ製品の検体からアウトブレイク株が分離された。

 2019年5月15日、Brodt Zenatti Holdings社(フロリダ州Jupiter)は、サルモネラ汚染の可能性があるとしてKarawanブランドおよびEl-Karawanブランドのタヒニ製品の回収を開始した。

 本アウトブレイクは、タヒニに関連して2018年4月〜2019年1月に複数州にわたり発生したS. Concord感染アウトブレイク(食品安全情報(微生物)No.26 / 2018(2018.12.19)US CDC記事参照)とは関係がない。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.11(2019.05.29)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2019/foodinfo201911m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 小麦粉に関連して発生している志賀毒素産生性大腸菌O26感染アウトブレイク(初発情報)
2. メキシコ産カキに関連して複数州にわたり発生している胃腸疾患アウトブレイク(2019年5月22日付更新情報、10日付初発情報)
3. Karawanブランドのタヒニに関連して発生しているサルモネラ(Salmonella Concord)感染アウトブレイク(2019年5月23日付更新情報、17日付初発情報)
4. 牛ひき肉に関連して発生している志賀毒素産生性大腸菌O103感染アウトブレイク(2019年5月13日付更新情報)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 欧州食品安全機関(EFSA)によるリスク評価に必要な系統的レビューに関する研修コース

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 食品に関する消費者意識調査の最新の結果

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報2019(14)