牛挽肉のO26で1人が死亡

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.20(2018.09.26)を発表した。

注目記事

【米国】牛挽肉に関連のO26感染アウトブレイク

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国農務省食品安全検査局(USDA-FSIS)は、Cargill Meat Solutions社の牛挽肉に関連して複数州にわたり発生した志賀毒素産生性大腸菌(STEC)O26感染アウトブレイクを調査した。本アウトブレイクは終息したと考えられる。

 2018年9月19日までに、STEC O26アウトブレイク株の感染患者が4州から計18人報告された。患者の発症日は2018年7月5~25日であった。患者の年齢範囲は1~75歳。情報が得られた患者18人のうち6人(33%)が入院し、このうち1人が溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症、フロリダ州の患者1人が死亡した。

 患者に対し、発症前1週間の食品喫食歴およびその他の曝露歴に関する聞き取り調査が行われた。その結果、聞き取りが実施された14人全員が牛挽肉の喫食を報告した。患者は複数の異なる食料品店舗で牛挽肉を購入していた。

 USDA-FSISは患者が牛挽肉を購入した店舗をもとに追跡調査を行った。フロリダ州の患者から得られた初期の情報は、当該牛挽肉が食料品チェーン「Publix」のさまざまな店舗で販売されたことを示した。2018年8月30日、Publix Super Markets社は、フロリダ州の複数の郡で販売された牛肩挽肉製品の回収を開始した。

 回収対象の牛挽肉など、患者に関連した汚染牛挽肉の供給元として、Cargill Meat Solutions社(コロラド州Fort Morgan)が特定された。2018年9月19日、Cargill Meat Solutions社は、2018年6月21日に製造・包装した牛挽肉製品の回収を開始した。

【米国】マクドナルドのサラダのサイクロスポラの原因

 米国疾病予防管理センター(US CDC)、米国の15州とニューヨーク市の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)は、複数州にわたり発生したサイクロスポラ感染アウトブレイクを調査した。

 米国中西部にあるマクドナルドの店舗で販売されたサラダの喫食を報告し、検査機関でサイクロスポラ感染が確認された患者が、2018年9月11日までに15州およびニューヨーク市からCDCに計511人報告された。疫学・追跡調査から得られたエビデンスは、マクドナルドの店舗で販売されたサラダが本アウトブレイクの感染源の1つである可能性が高いことを示した。

 患者がサラダを購入したマクドナルドの店舗で収集した情報から、Fresh Express社がこれらの店舗にサラダミックス製品を納入したこと、および当該サラダミックス製品はイリノイ州Streamwoodにある加工施設で製造されたことがわかった。2018年7月13日、マクドナルド社は、Fresh Express社の上記加工施設からサラダミックスの供給を受けていた、14州にある計3,000以上の店舗でサラダの販売を自主的に停止した。

 2018年7月26日、FDAは、Fresh Express社の上記加工施設がマクドナルドの店舗に納入した包装済みミックス製品(ロメインレタスとニンジン)の未使用品に関する最終的な検査を終了した。その結果、この検体についてサイクロスポラの存在が確認された。

 Fresh Express社は、問題のサラダミックス製品に使用した材料のうち、ニンジンはマクドナルドの店舗にのみ納入したこと、および、ロメインレタスはマクドナルドの店舗以外にも納入した唯一の材料であったことをFDAに報告した。

※:サラダ関連のサイクロスポラ(2018年8月3日)参照。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.20(2018.09.26)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201820m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 牛ひき肉に関連して発生した大腸菌感染アウトブレイク(初発情報)
2. マクドナルドの店舗で販売されたサラダ製品(Fresh Express Salad Mix)の喫食に関連して米国の複数州にわたり発生した2018年のサイクロスポラ症アウトブレイク(最終更新)
3. Rose Acre Farms社の殻付き卵に関連して複数州にわたり発生したサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイク(最終更新)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. 欧州抗菌剤耐性サーベイランスネットワーク(EARS-Net)の2014年次疫学報告書

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 欧州連合・欧州自由貿易連合(EU/EFTA)域内の動物・食品・飼料およびそれらに関連する環境検体から分離された食品・水由来病原体での全ゲノムシークエンシング(WGS)法の使用について欧州委員会・欧州食品安全機関(EC/EFSA)が実施したアンケート調査の結果

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 市販丸鶏のカンピロバクター汚染レベルに変化は見られず:主要小売業者が英国産市販生鮮丸鶏のカンピロバクター汚染検査(2018年4~6月)の結果を公表

【オーストラリア ニュー・サウス・ウェールズ州食品安全機関(NSW Food Authority, Australia)】
1. ニュー・サウス・ウェールズ州当局の調査に関連して殻付き卵を回収(患者発生)

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報