ロメインレタスO157再び

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.09(2018.04.25)を発表した。

注目記事

【米国】アリゾナ産ロメインレタスのO157

 米国疾病予防管理センター(US CDC)、複数州の公衆衛生当局、米国食品医薬品局(US FDA)および米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)は、複数州にわたり発生している志賀毒素産生性大腸菌(STEC)O157:H7感染アウトブレイクを調査している。

 2018年4月9日までに、大腸菌O157:H7アウトブレイク株感染患者が7州から計17人報告された。これらの患者の発症日は2018年3月22日~31日である。

 本アウトブレイクは、葉物野菜の喫食に関連して2017年11~12月に複数州にわたり発生した大腸菌O157:H7感染アウトブレイクとは関係がない。2017年11~12月のアウトブレイクの患者は、今回とは異なるDNAフィンガープリントの大腸菌O157:H7株に感染していた。

 これまでに得られた疫学的エビデンスから、カット済みロメインレタスが本アウトブレイクの感染源である可能性が高いことが示されている。患者28人に発症前1週間の喫食歴について聞き取り調査を実施した結果、26人(93%)がロメインレタスの喫食を報告した。多くの患者がレストランでのサラダの喫食を報告したが、それらのサラダに共通して特定された食材はロメインレタスのみであった。これらのレストランは、サラダの材料として袋入りカット済みロメインレタスを使用したと報告した。現時点で患者は、カット済みではないロメインレタスの喫食は報告していない。

 患者が食事をしたレストラン店舗で使用されたカット済みロメインレタスの供給元を特定するため、追跡調査が行われている。現時点では、共通の栽培・納入・配送などの業者やブランドは特定されていない。しかし、予備的情報から、当該カット済みロメインレタスはアリゾナ州ユマの栽培地域由来であることが示されている。本アウトブレイクの調査は継続している。

 2018年4月20日付更新情報として、アラスカ州の州・地域公衆衛生当局は、同州内の矯正施設で発生した患者に対し、発症前の食品喫食歴およびその他の曝露歴に関する聞き取り調査を実施した。患者はロメインレタスの喫食を報告した。追跡調査の結果、これらの患者が喫食したレタスは、アリゾナ州ユマの栽培地域由来の丸ごとの芯付きロメインレタスであったことが明らかになった。

【米国】サルモネラで卵を回収

 2018年4月16日、Cal-Maine Foods社は、Rose Acre Farms社から納入されたノースカロライナ州Hyde郡の農場由来の卵を自主回収すると発表した。

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)

、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)は、複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイクを調査している。疫学・追跡調査および検査機関での検査から得られたエビデンスは、Rose Acre Farms社が生産した殻付き卵が本アウトブレイクの感染源である可能性が高いことを示している。

 患者に対し、発症前1週間の食品喫食歴およびその他の曝露歴に関する聞き取り調査で17人全員が殻付き卵の喫食を報告した。患者が卵料理を喫食したレストランは、患者が喫食した料理には殻付き卵を使用したと報告した。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.09(2018.04.25)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201809m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】

1. 疾患アウトブレイクニュース:オーストラリアで発生したリステリア症アウトブレイク

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】

1. ロメインレタスに関連して複数州にわたり発生している大腸菌O157:H7感染アウトブレイク(2018年4月20、18、13日付更新情報、4月10日付初発情報)

2. Rose Acre Farms社の殻付き卵に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイク(2018年4月19日付更新情報、16日付初発情報)

3. ペットのモルモットとの接触に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Enteritidis)感染アウトブレイク

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】

1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】

1. 欧州連合(EU)域内におけるready-to-eat(そのまま喫食可能な)食品のリステリア(Listeria monocytogenes)汚染およびそのヒトへの健康リスク

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】

1. ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)がウルグアイで夏季アカデミーを開催:ウルグアイの公的リスク評価システムの強化を支援

【ProMed mail】

1. コレラ、下痢、赤痢最新情報