イラン産デーツからA型肝炎

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.08(2018.04.11)を発表した。

注目記事

【デンマーク】イラン産デーツによるA型肝炎アウトブレイク

 2018年1月30日、デンマーク国立血清学研究所(SSI: Statens Serum Institut)はA型肝炎ウイルス(HAV)による感染性肝炎患者が増加していることを確認した。3月14日時点で計27人がアウトブレイク患者として登録されている。

 新規患者の報告はまだ続いているが、感染源であるイラン産デーツ(ナツメヤシの実)がスーパーマーケットチェーンRema1000の店舗から撤去されたため、本アウトブレイクは今後数週間以内に終息すると推測される。

 最初の聞き取り調査において患者数人がデーツの喫食を報告したことから、デーツが感染源として疑われた。その後、症例対照研究によりデーツと疾患リスクとの関連が調査された結果、感染源はデーツである可能性が高いことが示された。この結果を受け、2月6日、当該製品の輸入業者およびRema1000社はデンマーク国内でのデーツの撤去を決定した。

 2018年2月1日、SSIは、欧州疾病予防管理センター(ECDC)を通じ、食品由来A型肝炎アウトブレイクが発生している可能性があることを欧州諸国に通知した。RM Import A/S社のデーツがノルウェーおよびドイツでも販売されたことが明らかになった。ノルウェーでは当該のデーツが2月7日に市場から撤去された。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.08(2018.04.11)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2018/foodinfo201808m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. 世界保健機関(WHO)がリステリア症予防のためにアフリカの16カ国を支援

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 乾燥ココナッツに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella
Typhimurium)感染アウトブレイク(2018年4月2日付更新情報)
2. クラトム(kratom)の摂取に関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ
(Salmonella I4,[5],12:b:-、S. Javiana、S. Okatie、S. Thompson)感染アウトブレイ
ク(2018年4月4日付更新情報)

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:パン粉付き冷凍生鶏肉製品などの家禽肉に関連して発生しているサルモ
ネラ感染アウトブレイク

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and
Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. データ・ディクショナリ:人獣共通感染症、抗微生物剤耐性および食品由来アウトブレ
イクに関する2017年のデータの報告ガイドライン
2.2017年の人獣共通感染症データの報告において欧州連合(EU)加盟各国の標準用語を
欧州食品安全機関(EFSA)の標準用語に対応づけるツールのユーザーマニュアル

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 畜産を介した基質特異性拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌感染の可能性は低い

【デンマーク国立血清学研究所(SSI)】
1. イラン産デーツ(ナツメヤシの実)によるA型肝炎アウトブレイク

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報