墨国産パパイヤのサルモネラ

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.16(2017.08.02)を発表した。

注目記事

【米国食品医薬品局ほか】メキシコ産パパイヤに関連した複数のサルモネラアウトブレイク

 米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)は、米国疾病予防管理センター(US CDC)、メリーランド州保健局(MDH)、およびその他の州・地域当局と協力し、複数の血清型のサルモネラ感染患者を調査している。これらの患者の一部はメキシコ産Caribeñaブランドのマラドールパパイヤに関連している。

 FDAは、Caribeñaブランドのマラドールパパイヤがサルモネラ症アウトブレイクに関連しているとして、当該製品を喫食しないよう消費者に注意喚起している。

 CDCは、12州にわたるS.Kiambu感染アウトブレイクで患者計47人、入院患者計12人および死亡者1人が発生したことを報告している。

 今後得られる情報により、他のブランドの関連が特定される可能性もある。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.16(2017.08.02)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2017/foodinfo201716m.pdf

今号の目次

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. パパイヤに関連した複数のサルモネラアウトブレイク株を米国食品医薬品局(US FDA)が調査中

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 輸入マラドールパパイヤに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Kiambu)感染アウトブレイク(初発情報、2017年7月27日付更新情報)
2. 臨床微生物検査施設および大学等の微生物実験室での曝露に関連して発生しているサルモネラ(Salmonella Typhimurium)感染アウトブレイク

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. 迅速アウトブレイク調査:ゴマ種子に関連して複数国にわたり発生している新血清型サルモネラ(Salmonella enterica 11:z41:e,n,z15)感染アウトブレイク
2. 疫学更新情報:欧州の複数国にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Enteritidisファージタイプ8、MLVAプロファイル2-9-7-3-2および2-9-6-3-2)感染アウトブレイク(2017年6月30日付)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報