食品安全情報(化学物質)No.18(2011.09.07)

国立医薬品食品衛生研究所が月2回発表している「食品安全情報」(化学物質)No.18(2011.09.7)で注目の話題は、ECがダイオキシン、フラン、PCBのアクションレベルを変更、米国国立衛生研究所がマルチビタミン/ミネラルサプリメントの定義や標準がないことを指摘、などだ。

注目記事

【EC】委員会勧告「食品や飼料中のダイオキシン、フラン、PCBの削減のための勧告」
 2005年のWHOによる毒性等価係数(TEF:toxic equivalency factors)の再評価を受けて、委員会勧告2006/88/ECを改訂した(委員会勧告2011/516/EU)。新WHO-TEFs(2005)にもとづいて食品や飼料中のダイオキシン、フラン、PCBのアクションレベルを変更している。

【NIH-ODS】ダイエタリーサプリメントファクトシート:マルチビタミン/ミネラルサプリメント
 米国国立衛生研究所のダイエタリーサプリメント局が発表したファクトシート。
 マルチビタミン/ミネラルサプリメントについて、成分の規制上の定義や標準がないことを指摘し、過剰摂取(特に喫煙者や妊娠中のビタミンA摂取、成人男性の鉄摂取)や医薬品との併用について注意を呼びかけている。また、マルチビタミン/ミネラルサプリメントの使用は慢性疾患を予防しないとしている。

食品安全情報へのリンク

「食品安全情報」
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(化学物質)No.18(2011.09.07)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2011/foodinfo201118c.pdf

今号の目次

【EC】
1. 委員会勧告「食品や飼料中のダイオキシン、フラン、PCBの削減のための勧告」
2. 家庭内環境にある消費者製品中の難燃剤についての研究
3. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. 2004~2010年モニタリングによる食品中フラン濃度と暴露評価の更新
2. サンセットイエローFCFの、食品添加物としての最大許容量の改訂案にもとづく暴露評価改訂

【FSA】
1. 社会科学年次報告書発表
2. 調査の結果消費者は飼料中の動物タンパク質に反対

【RIVM】
1. 食品摂取量調査と陰膳研究での栄養と汚染物質の比較

【FDA】
1. 警告文書

【EPA】
1. EPAはダイオキシン評価のスケジュールを発表

【NIH】
1. ダイエタリーサプリメントファクトシート:マルチビタミン/ミネラルサプリメント

【Health Canada】
1. 過剰量の水銀のためBi Yan Pianリコール

【CFIA】
1. ベトナムへ生鮮野菜果物を輸出している業者への2回目の通知

【FSANZ】
1. 食品基準通知

【APVMA】
1. 安全保障上の懸念のある化合物の将来の管理

【ANAO】
1. 医薬品規制:補完医薬品

【NZFSA】
1. 食品法案-Q & A

【香港政府ニュース】
1. 月餅、白魚は検査に合格
2. 汚染味噌リコール
3. 中国の野菜検査
4. 10食品が検査に不合格
5. 漢方薬リコール

【KFDA】
1. 乳幼児用食品の有害物質の基準を強化
2. 堅果類、知って食べればもっと元気になる !
3. 2011年上半期の異物報告(申告)件数が25% 減少
4. ベンゾピレン(benzopyrene)基準超過の「香味油」製品の流通・販売禁止及び回収措置

【AVA】
1. AVAの食品安全とバイオセキュリティ計画のレビュー-第5回国際専門家助言委員会(IACE)レビュー

【HSA】
1. HSAは西洋医薬品成分を含む3つの健康製品に対して警告

【FSSAI】
1. 2010-2011長官の報告書

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(ProMED-mail)アルコール汚染、致死性-エクアドル:メタノール
・(ProMED-mail)下痢性貝毒 カナダ(第2報):イガイ
・(ProMED-mail)植物中毒、家畜 メキシコ
・(EurekAlert)高血圧診断と治療に大きな変化

登田美桜
About 登田美桜 37 Articles
国立医薬品食品衛生研究所安全情報部第三室主任研究官 とだ・みおう 農学博士。国立医薬品食品衛生研究所は、医薬品、食品、その他生活環境中に存在する物質について、品質、安全性、有効性を評価するための試験、研究、調査を行う機関。 安全情報部の「食品安全情報」は、食品の安全性に関する国際機関や各国公的機関等の最新情報を伝える。