手指衛生/粗悪品と誤用に注意

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.18(2020.09.02)を発表した。また、「【FDA】よりスマートな食品安全の新時代:FAQ」を食品安全情報(化学物質)No.18(2020.09.02)別添として発表した。

注目記事

【FDA】FDAは教師、親、若者向けの栄養成分表示教材を奨励する

 米国食品医薬品局(FDA)は、教師、親、若者がオンラインで利用可能な、新しい栄養成分表示について教材(Snack Shack、Read the Label、Science and Our Food Supply、Interactive Nutrition Facts Label)を更新した。

※ポイント:米国で新しい栄養成分表示が導入されてから、FDAは、その見方や活用方法を説明した消費者向けの資料をいろいろと公表しています。今回とても興味深かったのは、ゲームや動画などのツールを駆使して、大人だけでなく小学生から高校生もレベルに合わせて学べる教材にしている点です。FDAが、日常生活で「健康的な食品を選択する」ことを重視し、それを小さい頃から学ぶ必要があると考えていることがよくわかります。

【FDA】あなたのハンドサニタイザーはFDAの使うべきでない製品リストに載っている?

 FDAは、ハンドサニタイザーを処方箋は必要ない店頭販売用の薬品として規制している。最近の検査で、次のような安全上の懸念のあるハンドサニタイザーを発見した。

  • 有毒なタイプのアルコール(メタノール、1-プロパノール)により汚染されている
  • 十分な量の有効成分(エタノール、イソプロピルアルコール/2-プロパノール)が含まれていない
  • 虚偽の、誤解を招く、証明されていない薬効表示がされている

※ポイント:米国ではハンドサニタイザーの粗悪品が問題になっています。とくに原料として使用が認められていないメタノールと1-プロパノールを含む製品があると警告しており、それらの汚染製品を飲んだことによる中毒も報告されています。中には包装が子供向けのお菓子や飲料品にそっくりな製品もあり、子供が誤って口にすることが懸念されています。また、ハンドサニタイザーをペットに使用しないよう注意を呼びかけています。

【FAO/WHO】Codex:メンバーが総会のバーチャル会合を承認

 コーデックス事務局のTom Heilandt氏が、総会を2020年に初めてバーチャル形式で開催すると正式に発表した。136のメンバーがその開催を承認した。バーチャル形式の総会では、議題についての討議を2020年9月24〜26日、10月12日に行い、報告書の採択を10月19日に行う。

【SFA】遺伝子組換え食品に関する表示

 シンガポールで販売されている遺伝子組換え(GM)食品は、シンガポール遺伝子組換え諮問委員会とシンガポール食品庁(SFA)両方の厳格な安全性評価を受けなければならない。GM食品とGM成分を含む食品の表示義務に関する国際的な合意はない。コーデックス委員会(Codex)の原則に従って、シンガポール食品規制のもとではGM食品とGM成分を含む食品に特別な表示をする必要はない。シンガポールで販売されている食品は、事実で誤解を招かない限り、自主的に「GM」あるいは「非GM」表示を付けることはできる。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(化学物質)No.18(2020.09.02)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2020/foodinfo202018c.pdf
食品安全情報(化学物質)No.18(2020.09.02)別添
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2020/foodinfo202018ca.pdf

今号の目次

【WHO】
1. 鉛塗料の世界的排除:各国は何故どう対応すべきなのか-技術的概要

【FAO】
1. Codex

【EC】
1. 査察報告書
2. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. EFSAの科学的評価に使用する疫学研究の根拠の評価と統合についての科学委員会のガイダンスの内部テスト
2. 新規食品としてのケンポナシの果実と花柄の熱水抽出物の安全性
3. タンパク質加水分解物から製造した乳児用及び/又はフォローアップ粉ミルクの認可申請の準備とプレゼンテーションのための科学的及び技術的ガイダンスへの説明用注記(EU規則2016/127改定を目的として)
4. 農薬関連

【COT】
1. COTの声明とポジションペーパー

【ASA】
1. コロナウイルスとCOVID-19

【BfR】
1. アレルギー反応:免疫系はどうやってニッケルを同定するのか

【ANSES】
1. ANSESは3つのリチウム塩を胎児及び出生前の発達に有害だと考えられると分類することを提案
2. 食用と有毒な植物との誤認に注意する

【FSAI】
1. リコール情報

【FDA】
1. FDAは教師、親、若者向けの栄養成分表示教材を奨励する
2. 消費者向け情報:あなたのハンドサニタイザーはFDAの使うべきでない製品リストに載っている?
3. 警告文書

【NTP】
1. シンポジウムウェビナー:動力学的に導出した最大用量概念をリスク評価の精細化に使うことの機会と課題

【USDA】
1. 遺伝子組換えによって開発されたアメリカグリの規制解除申請の公表
2. 会議とイベント

【CFIA】
1. リコール情報

【TGA】
1. 殺菌剤の適切な使用:消費者、医療従事者、医療施設向け情報

【NSW】
1. リコール情報

【MPI】
1. 貝のバイオトキシン警告-Hawke Bay
2. 絞り出す食品包装に注意するよう保護者に助言する

【香港政府ニュース】
1. 違反情報

【MFDS】
1.日本産輸入食品の放射能検査の結果
2. 今年上半期、海外個人輸入の危害食品128個を遮断措置
3. コリアンダー、バジルなどハーブ類6件で残留農薬不適合
4. 生産段階の残留農薬管理のために農薬30種の基準新設
5. ABCジュースなど飲料類に体脂肪減少、解毒などを標榜した虚偽・誇大広告販売サイト175ヶ所摘発
6. 市中に流通している大麦若葉粉製品を全て調査する
7. 流通オキアミ油製品の検査結果、49製品不適合
8. インターネット購入代行業者の無申告行為処分基準を新設
9. 食薬処、畜産物営業者「不合理な規制」改善推進
10. 食薬処、食品輸出支援する
11. 子供嗜好食品、品質認証製品を選んで下さい!
12. ダイエット、むくみ除去に良いと故意·常習的に不当広告した影響力者(インフルエンサー)4人など摘発
13. 菓子・キャンディーなどに使う食用色素の混合使用基準を設ける
14. 食薬処、条件付き輸入検査制度の活性化推進
15. 農産物サネブトナツメ種子、セキショウと真偽判別可能になる
16. 健康機能食品の異常事例報告ガイドブックを用意
17. 食薬庁、海外個人輸入食品の安全管理方案を議論
18. カフェなど休憩飲食店の生活防疫管理強化

【SFA】
1. 遺伝子組換え食品に関する表示

【FSSAI】
1. FSSAIは食用油の異物混入対策を開始

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(ProMED-mail)食中毒-メキシコ:(モレロス)クレンブテロール中毒疑い

別 添

【FDA】
よりスマートな食品安全の新時代:FAQ