PFAS自主規制に対象追加

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.16(2020.08.05)を発表した。

注目記事

【FDA】FDAは食品包装に使用されるある種のPFASに関する業界による自主的な段階的廃止を発表

 製造業者3社が、紙・板紙製の食品包装の防食グリースとして使用される短鎖パーおよびポリフルオロアルキル化合物(PFAS)の一種である6:2フッ素テロマーアルコール(6:2FTOH)を含む食品接触物質の販売を、自主的に、2021年から3年間で段階的に廃止することで米国食品医薬品局(FDA)と合意した。

※ポイント:残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)のもと、長鎖PFAS(PFOS/PFOA)の製造および使用の制限や廃絶等が世界的に進められています。今回対象になった短鎖PFASは、それら長鎖PFASの代替品として使用されてきました。しかしFDAによる動物試験で新たに生体内残留性が確認され、ヒトにおける慢性暴露についても同様の影響の可能性が示唆されたことが、今回の対応につながっています。

【EFSA】ANSESは化学的および生物的ハザードをランク付けするツールを提供する

 フランス食品・環境・労働衛生安全庁(ANSES)は、化学的および生物的ハザードについて、食品との組み合わせを考慮した優先順位付けのためのツールを開発した。

※ポイント:ハザードとしてだけではなく、「ハザードと食品の組み合わせ」で優先順位付けをするという視点が大きなポイントでしょう。とても興味深い報告書なのに本文がフランス語というのが非常に残念で、英語版が出ることを期待しています。

【USDA】APHIS:USDAは中国から勝手に送られてくる種子を調査

 米国農務省(USDA)は、全国で中国からとみられる疑わしい種子の包みが勝手に送られてくる事案について、関係機関と密接に協力して調査している。種子を受け取った消費者は直ちに州の植物規制事務所かAPHISの植物健康部に連絡して欲しい。由来不明の種子を植えないこと。

※ポイント:現時点では健康リスクがあるのかは不明ですが、米国以外の国や日本国内でも話題になっているため取り上げました。USDAはブラッシング詐欺の可能性を示唆しつつも、不明なことが多いのであらゆる可能性を検討するとしています。当該ウェブサイトは日々更新されているので、近いうちに新情報が発表されることでしょう。

【ANSES】亜酸化窒素の吸入:ANSESは規制の改善と健康リスクについて人々によりよい情報提供を薦める

 フランス食品・環境・労働衛生安全庁(ANSES)は、亜酸化窒素ガスについて、その入手や表示に関する規制の必要性を呼びかける。亜酸化窒素は医療現場やホイップクリーム用ディスペンサーの小型缶の高圧ガスとして使用・販売されている。このガスには陶酔作用があり、「笑気ガス」としても知られている。2017〜2019年の間にフランス中毒管理センターには66件の亜酸化窒素中毒が報告されている。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(化学物質)No.16(2020.08.05)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2020/foodinfo202016c.pdf

今号の目次

【WHO】
1. 世界がん研究機関(IARC)

【FAO】
1. FAOは食品ロスと廃棄を減らすための行動を加速するのに役立つプラットフォームを発表
2. Codex

【EC】
1. 農業水産評議会での「農場から食卓まで」についてのKyriakidesコミッショナーのコメント
2. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. 食品中の栄養的及び毒性学的要因の健康リスク評価における用量-反応関係:新しい生物統計学的方法の開発と活用
2. GM植物のアレルギー誘発性評価:作業グループを支援する関係者
3. 意見募集:規制製品中の栄養素のための統一アプローチについてのパブリックコメント募集
4. 農薬とミツバチ:死亡率の根拠をレビュー
5. 食品酵素関連
6. 食品と接触する物質関連
7. 健康強調表示関連
8. 遺伝子組換え関連
9. 農薬関連
10. 飼料添加物関連

【FSA】
1. エビデンス要請:包装前面の栄養表示

【DEFRA】
1.5ペンスのチャージ導入後、プラスチックレジ袋の販売が95%以上減った

【BfR】
1. 制汗剤のアルミニウム:ヒトの総アルミニウム摂取量への寄与は少ない

【ANSES】
1. 亜酸化窒素の吸入:ANSESは規制の改善と健康リスクについて人々により良い情報提供を薦める
2. 食品安全:ANSESは化学的及び生物的ハザードをランク付けするツールを提供する
3. グリホサートの発がんの可能性の研究:ANSESは追加毒性試験を実施するために選出したコンソーシアムの撤回を発表する

【FSAI】
1. 高濃度のオクラトキシンAのためSymbio Ekologiczne Platki Jaglane きびフレークの撤収措置

【FDA】
1. FDAはCOVID-19の間に患者と消費者を詐欺から守る
2. FDAはCOVID-19詐欺から市民を保護する
3. FDAは二日酔い用製品を違法に販売する7企業に警告文書を発送
4. FDAはある種のクランベリー製品と尿路感染症に関する限定的健康強調表示を発表
5. FDAはFSMA教育、訓練、技術的援助を支援するための追加の資金提供を発表
6. FDAは食品包装に使用されるある種のPFASに関する業界による自主的な段階的廃止を発表
7. USDA/FDAは培養動物細胞のヒト及び動物用食品に関する役割と責任について合同ウェビナーを開催
8. リコール情報
9. 警告文書

【USDA】
1. ARS:遺伝子組換え採用の最近の傾向
2. APHIS:USDAは中国から勝手に送られてくる種子を調査
3.2020食事ガイドライン諮問委員会の科学報告書

【FSANZ】
1. 食品基準通知

【TGA】
1. 安全性警告

【香港政府ニュース】
1. 違反情報

【MFDS】
1.日本産輸入食品の放射能検査の結果
2. 食品安全国認証制度で食品輸出支援
3. 蒸し暑い天気には異物混入に注意してください!
4. 食薬処・疾病管理本部、世界高血圧連盟「ナトリウム摂取減らす機関優秀賞」受賞
5. オーダーメード型健康機能食品のモデル事業販売を開始
6. オンライン人気販売製品の回収、検査結果発表
7. プロピオン酸を天然由来と認定し営業者の負担を解消
8. 回収措置

【FSSAI】
1. メディアコーナー

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(ProMED-mail)ククルビタシン毒素、ズッキーニ 英国
・(EurekAlert)記事9件