水銀の耐容週間摂取量の改訂

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(化学物質)No.26(2012.12.26)を発表した。

注目記事

【EFSA】食品中の水銀――EFSAは公衆衛生上の助言を更新

 欧州食品安全機関(EFSA)は、水銀の新しい科学的知見を考慮して2003年および2010年にJECFAが設定した暫定耐容週間摂取量(TWI)を評価した。無機水銀についてはJECFAと同じTWI4μg/kg体重を設定した。メチル水銀については、新しい研究が、魚に含まれる長鎖オメガ3脂肪酸に関連するよい影響が魚のメチル水銀の有害影響の過小評価につながった可能性があることを示しているため、メチル水銀のTWIとしてJECFAの1.6μg/kg体重より低い1.3μg/kg体重に設定した。

※ポイント:メチル水銀のTWIは、JECFA1.6μg/kg体重、EFSA1.3μg/kg体重、食品安全委員会2μg/kg体重です。TWIの算出方法は三者とも同様で、セイシェルとフェローの疫学調査データをもとにして、母体の毛髪中又は臍帯血中のメチル水銀濃度から摂取量を換算し、それに毛髪中から血中の濃度へ換算する際の不確実性とトキシコキネティクスの個人差を考慮するというものです。各々が導き出したTWIの数値が異なるのは、出発点となる疫学調査データの取り方が違うためと、食品安全委員会はトキシコキネティクスの個人差を2(JECFA、EFSAは3.2)としたためです。

【FSA】リスクおよび決定の報告書を歓迎

 英国食品基準庁(FSA)は、食品の安全性に関する政策決定にリスク評価を透明性高く利用することに着目した、欧州各国の食品機関長Heads of National Food Agencies in Europe(HoA)の合意報告書を歓迎した。重要な結論は、決定が明確であるためには、リスク評価がすでにそうであるように、リスク管理についても同じレベルの透明性と厳密性が必要であるということである。

※ポイント:リスク評価については透明性と根拠の明確さが重要だとよく言われてきましたが、ヨーロッパでは次の段階として、リスク管理の決定についても透明性と意志決定の根拠の明示が重要であると、改めて共通の認識をもったようです。

【FDA】「Reumofan Plus」が「WOW」と表示を変えて販売される

 米国食品医薬品局(FDA)は、2012年6月、8月に警告を出していたサプリメント「Reumofan Plus」が、「WOW」と名称を変えてさまざまなウェブサイト上で販売されていると警告した。「Reumofan Plus」は、デキサメタゾン(副腎皮質ステロイド)、ジクロフェナックナトリウム(非ステロイド系抗炎症薬)、メトカルバモール(筋弛緩剤)などの医薬品成分を含み、数十例の有害事例報告を受けたために警告がだされていた。

※ポイント:2回も警告が出された製品を、パッケージだけ変更して再度販売するという、かなり悪質な事例です。FDAは、他の名称で販売されている可能性についても懸念しています。

(安全情報部第三室)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(化学物質)No.26(2012.12.26)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2012/foodinfo201226c.pdf

今号の目次

【EC】
1. フードチェーンと動物の健康に関する常任委員会の2012年12月10日の議事概要
2. 食品獣医局(FVO)査察報告書:ドイツ、ニュージーランド
3. 食品及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF)

【EFSA】
1. 食品中の水銀-EFSAは公衆衛生上の助言を更新
2. 市販の乳幼児用食品中のダイオキシン(PCDD/Fs)及びダイオキシン様PCB(DL-PCBs)の存在についての科学的意見
3. 食用油脂の海上輸送-EFSAは前荷の評価を完了
4. カラメル色素:消費者の暴露量は前回の推定よりも低い
5. 遺伝子組換え生物関連
6. 健康強調表示関連
7. 香料グループ評価

【FSA】
1. 放射能モニタリングについての意見募集
2. リスク及び決定の報告書を歓迎

【DEFRA】
1. 食品中残留農薬モニタリング 2012年第2四半期の結果

【BfR】
1. パーキンソン病とロテノンの関連

【FDA】
1. Reumofan PlusがWOWと表示を変えて販売される
2. 警告文書(2012年12月11日、18日公表分)
3. ダイエタリーサプリメントのリコール2件
4. 遺伝子組換えサーモン

【CFIA】
1. フモニシン毒素を検査した全てのトウモロコシ製品は摂取しても安全

【FSANZ】
1. ファクトシート:食品添加物
2. 「禁止された」と報道された色素及び添加物
3. 食品基準通知

【MPI】
1. 食品の品質保持期限及び賞味期限の決定方法ガイダンス文書について意見募集
2. 貝に関する警告に従って命を救おう

【香港政府ニュース】
1. 禁止された下剤に警告
2. 有毒油リコール
3. 7肉検体が安全性検査に不合格

【KFDA】
1. 菓子、トランス脂肪を気にせずお召し上がりください!
2. ベンゾピレン超過検出“ごま油”製品の回収措置
3. 違法ダイエット製品の流通販売禁止及び回収措置

【その他】
・食品安全関係情報(食品安全委員会)から
・(ProMED-mail)麻痺性貝毒中毒 ニュージーランド
・(カリフォルニア大学バークレー校 Wellness Letter)ヒ素と古米