さつまいも、じゃがいもなど増

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2021年8月第2週(8月6日〜8月12日)の概況より。

日ごとの動き

開市日数は、今週4日、前週5日、前年5日。

1日平均入荷量は総量6,586t(前週比122%、前年同期比109%)。

前週比ではさつまいも、はくさい、じゃがいも等が増加し、22%の増加となった。

前年同期比では、じゃがいも、いんげん、さといも等が減少したが、レタス、はくさい、とうもろこし等が増加し、9%の増加となった。

市況は、前週比は区々、前年同期比は弱保合となった。

品目別の動き

だいこん 北海道を中心に青森県等から入荷し、前週比9%の増加となった。盆前で引き合いがややある中、全体量少なく不足感が出ており、北海道産の価格は保合となった。

にんじん 北海道を中心に青森県等から入荷し、前週比15%の増加となった。北海道産は干ばつの影響から細物傾向で箱数は少なく、太物は数の少なさから引き合いが強くなっている。北海道産の価格は強保合となった。

キャベツ 群馬県を中心に岩手県等から順調に入荷し、前週比21%の増加となった。数量潤沢で荷動きは鈍く、相場は下落し、群馬県産の価格は弱保合となった。

レタス 長野県を中心に群馬県等から順調に入荷し、前週比29%の増加となった。長野県産の価格は弱保合となった。

はくさい 長野県を中心に順調に入荷し、前週比41%の大幅な増加となった。長野県産の価格は保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に岐阜県等から入荷し、前週比11%の増加となった。群馬県産の価格は保合となった。

ねぎ 茨城県、北海道から入荷し、前週比で14%の増加となった。量販店・飲食店の需要は芳しくないものの、全体量に不足感があり、茨城県産の価格は強保合となった。

きゅうり 福島県を中心に岩手県等から順調に入荷し、前週比26%の増加となった。福島県産の価格は弱保合となった。

なす 栃木県、群馬県等から順調に入荷し、前週比29%の増加となった。盆前の需要増により相場は上昇し、栃木県産の価格は強保合となった。

トマト 北海道、青森県等から順調に入荷し、北海道産が遅場の産地からの出荷が増え、前週比30%の大幅な増加となった。数量増加により荷余り感が出て相場はやや下落し、北海道産の価格は弱保合となった。

ピーマン 岩手県を中心に福島県等から順調に入荷し、東北産が盆のピークに向け増量傾向で、前週比29%の増加となった。岩手県産の価格は保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2021年8月第2週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん36010988せり北海道101,728
相対北海道10891
にんじん29011580せり北海道10-
相対北海道101,647
キャベツ887121116せり群馬10675
相対群馬10621
レタス470129179せり長野101,296
相対長野10864
はくさい382141147せり長野151,728
相対長野15918
こまつな5310277せり茨城0.2-
相対茨城0.232
ほうれんそう38111107せり群馬0.2186
相対群馬0.2140
ねぎ188114100せり茨城5-
相対茨城5918
きゅうり530126132せり福島5540
相対福島5891
かぼちゃ9911877せり北海道10-
相対北海道101,440
なす248129138せり栃木5-
相対栃木51,604
トマト538130124せり北海道4-
相対北海道41,161
ミニトマト120115113せり北海道3-
相対北海道31,485
ピーマン144129118せり岩手0.1580
相対岩手0.1565
とうもろこし194115145せり北海道5-
相対北海道51,242
オクラ2811979せり鹿児島0.08-
相対鹿児島0.0854
レイシ43111116せり茨城5-
相対茨城51,053
いんげん1010572せり福島2-
相対福島21,809
えだまめ110123132せり秋田0.25-
相対秋田0.25127
じゃがいも23714059せり北海道10-
相対北海道103,780
さつまいも96172138せり茨城5-
相対茨城5999
さといも1413372せり千葉4-
相対千葉41,620
たまねぎ59812796せり北海道20-
相対北海道203,240
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/