たまねぎ、ブロ、さつまなど増

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年11月第4週(11月22日〜11月28日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週4日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量6,131t(前週比110%、前年同期比113%)。

 前週比でははくさい、かぼちゃ等が減少したが、たまねぎ、ブロッコリー、さつまいも等が増加したため、前週比10%の増加となった。

 前年同期比では、にんじん、トマト、かぶ等が減少したが、ブロッコリー、かぼちゃ、ピーマン等が増加したため、13%の増加となった。

 市況は、前週比が弱保合、前年同期比が強保合となった。

品目別の動き

だいこん 千葉県を中心に入荷し、千葉県産が生育順調で増量したため前週比18%の増加となった。千葉県産の価格は弱保合となった。

にんじん 千葉県を中心に入荷し、前週比4%の増加となった。千葉県産の価格は強保合となった。

キャベツ 千葉県、愛知県等から順調に入荷し、前週比12%の増加となった。千葉県産の価格は弱保合となった。

レタス 茨城県、兵庫県等から安定的に入荷し、前週比1%の微増となった。荷動きは鈍く茨城県産の価格は弱含みとなった。

はくさい 茨城県を中心に入荷したが、台風・大雨後の作柄不良が続いており前週比7%の減少となった。気温低下で需要が高まり相場は上昇し茨城県産の価格は強保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に茨城県等から入荷し、関東圏産の出荷量が増加したため前週比23%の増加となった。高値が続いた反動と数量増加により荷動きは鈍く群馬県産の価格は弱保合となった。

ねぎ 青森県、茨城県等から入荷し、前週比5%の増加となった。青森県産の価格は弱含みとなった。

きゅうり 埼玉県、宮崎県等から入荷し、前週比で増減なしとなった。埼玉県産の価格は弱保合となった。

なす 高知県、栃木県等から入荷し、低温の影響で前週比2%の増加となった。高値のため荷動きは鈍く高知県産の価格は弱保合となった。

トマト 熊本県を中心に愛知県等から入荷し、前週比9%の増加となった。高値続きで引合いが弱く相場は下落し熊本県産の価格は弱保合となった。

ピーマン 茨城県、宮崎県等から順調に入荷し、前週比28%の増加となった。全体量が多かったため相場は下落し茨城県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年11月第4週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん591118120せり千葉10-
相対千葉10972
かぶ6610295せり千葉0.8-
相対千葉0.8116
にんじん31410487せり千葉10-
相対千葉101,431
ごぼう54111125せり青森4-
相対青森4486
れんこん47103120せり茨城4-
相対茨城41,620
キャベツ752112119せり千葉10-
相対千葉10837
レタス26010196せり茨城10-
相対茨城101,998
はくさい65793106せり茨城15-
相対茨城15945
こまつな55105121せり茨城0.276
相対茨城0.281
ほうれんそう6212393せり群馬0.2-
相対群馬0.2132
ねぎ250105109せり青森5-
相対青森51,512
しゅんぎく1812397せり千葉0.15-
相対千葉0.1586
ブロッコリー191134142せり埼玉4-
相対埼玉41,134
きゅうり239100118せり埼玉5-
相対埼玉51,701
かぼちゃ13397140せり北海道10-
相対北海道101,431
なす108102123せり高知5-
相対高知52,349
トマト21910987せり熊本4-
相対熊本42,295
ミニトマト90110104せり熊本3-
相対熊本32,430
ピーマン119128137せり茨城0.15-
相対茨城0.1549
じゃがいも386107136せり北海道10-
相対北海道10-
さつまいも166132119せり千葉5-
相対千葉51,053
さといも53117131せり埼玉10-
相対埼玉103,348
たまねぎ445148114せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ43111121せり秋田0.1-
相対秋田0.1127
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/