れんそう、だいこん、なす増

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年9月第5週(9月27日〜10月3日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量5,713t(前週比105%、前年同期比107%)。

 前週比ではとうもろこし、にんじん、トマト等が減少したが、ほうれんそう、だいこん、なす等が増加したため、前週比5%の増加となった。

 前年同期比では、トマト、だいこん、たまねぎ等が減少したが、なす、きゅうり、じゃがいも等が増加したため、7%の増加となった。

 市況は前週比、前年同期比共に弱保合となった。

品目別の動き

だいこん 北海道を中心に青森県等から入荷し、前週比33%の大幅な増加となった。北海道産の価格は強保合となった。

にんじん 北海道を中心に入荷したが、前週比13%の減少となった。荷動きは鈍く相場は下落し北海道産の価格は弱保合となった。

キャベツ 群馬県を中心に岩手県等から入荷し、前週比6%の増加となった。群馬県産の価格は保合となった。

レタス 長野県を中心に順調に入荷し、前週比4%の増加となった。荷動きは鈍く相場は下落し長野県産の価格は弱保合となった。

はくさい 長野県を中心に入荷し、長野県産が増加傾向で茨城県産も入荷し始めたため前週比28%の増加となった。長野県産の価格は強保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に岩手県等から入荷し、群馬県産、岐阜県産の出荷が順調のため前週比36%の大幅な増加となった。荷動きはよいが数量が多いため群馬県産の価格は弱含みとなった。

ねぎ 青森県、北海道等から入荷し、前週比1%の微増となった。青森県産の価格は保合となった。

きゅうり 福島県、埼玉県等から入荷し、関東産の抑制物が最盛期となり日々増量しているため前週比10%の増加となった。荷動きは鈍いため福島県産の価格は弱含みとなった。

なす 群馬県、栃木県等から入荷し、群馬県、栃木県産が増加傾向のため前週比31%の大幅な増加となった。群馬県産の価格は弱保合となった。

トマト 北海道を中心に千葉県等から入荷したが、北海道産、東北産ともに減少傾向のため前週比13%の減少となった。関東産も多くなく、不足感があるため北海道産の価格は強保合となった。

ピーマン 茨城県、岩手県等から入荷したが、前週比6%の減少となった。荷動きは鈍く相場は下落し茨城県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年9月第5週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん45313386せり北海道10-
相対北海道101,123
にんじん2798794せり北海道10-
相対北海道101,166
キャベツ743106106せり群馬10-
相対群馬10821
レタス323104128せり長野10-
相対長野101,512
はくさい56412899せり長野15-
相対長野151,253
こまつな63107131せり茨城0.2-
相対茨城0.261
ほうれんそう51136121せり群馬0.2-
相対群馬0.2134
ねぎ204101111せり青森5-
相対青森51,577
きゅうり354110140せり福島5-
相対福島51,431
かぼちゃ151106130せり北海道10-
相対北海道101,404
なす181131149せり群馬0.4-
相対群馬0.4177
トマト2108778せり北海道4-
相対北海道42,664
ミニトマト7393105せり北海道3-
相対北海道33,564
ピーマン9994113せり茨城0.15-
相対茨城0.1571
とうもろこし1648-せり北海道5-
相対北海道51,080
えだまめ3796-せり秋田0.25-
相対秋田0.25-
じゃがいも390111133せり北海道10-
相対北海道10-
さつまいも12810894せり千葉5-
相対千葉51,274
さといも44123120せり千葉4-
相対千葉4918
たまねぎ3798992せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ26118103せり岩手0.1-
相対岩手0.1119
まつたけ394123せり国内0.4-
相対国内0.4-
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/