ほうれんそう等増、トマト減

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年9月第1週(8月30日〜9月5日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量6,205t(前週比111%、前年同期比122%)。

 前週比ではとうもろこし、トマト、ミニトマト等が減少したが、さといも、ほうれんそう、さつまいも等が増加したため、前週比11%の増加となった。

 前年同期比では、ほうれんそう、はくさい、こまつな等が減少したが、「まつたけ、かぼちゃ、なましいたけ等が増加したため、22%の増加となった。

 市況は前週比、前年同期比共に区々となった。

品目別の動き

だいこん 北海道、青森県等から入荷し、前週比9%の増加となった。北海道産の価格は弱含みとなった。

にんじん 北海道を中心に入荷したが、前週比2%の減少となった。北海道産の価格は強保合となった。

キャベツ 群馬県を中心に岩手県等から入荷し、前週比2%の増加となった。荷動きはさしてよくなく群馬県産の価格は弱含みとなった。

レタス 長野県を中心に群馬県等から入荷したが、雨が多く長野県産の入荷が伸び悩んだため前週比2%の減少となった。週明けから相場は上昇し長野県産の価格は強保合となった。

はくさい 長野県を中心に入荷し、前週比で増減なしとなった。長野県産の価格は強保合となった。

ほうれんそう 群馬県を中心に岩手県等から入荷し、前週比15%の増加となった。群馬県産の価格は弱保合となった。

ねぎ 青森県、北海道等から入荷し、前年同期比6%の増加となった。青森産県産の価格は前年同期比で保合となった。

きゅうり 福島県を中心に岩手県等から入荷したが、主力東北産地が成り疲れで数量が少なかったため前週比2%の減少となった。福島県産の価格は強保合となった。

なす 群馬県、栃木県等から入荷したが、群馬県産、栃木県産は成り疲れ等で数量が減少し前週比5%の減少となった。月初めの特売等で相場は上昇し群馬県産の価格は強保合となった。

トマト 北海道を中心に青森県等から入荷したが、北海道、青森県産が着色遅れや着果不良で数量が少なく前週比20%の減少となった。入荷量の減少から相場は上げながらの推移で北海道産の価格は強保合となった。

ピーマン 茨城県、岩手県等から入荷したが、前年同期比5%の減少となった。相場は安定し茨城県産の価格は前年同期比で保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年9月第1週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん429109112せり北海道10-
相対北海道101,037
にんじん32998104せり北海道10-
相対北海道101,080
キャベツ71710293せり群馬10-
相対群馬101,037
レタス34798104せり長野10-
相対長野101,577
はくさい32210086せり長野15-
相対長野151,534
こまつな4910389せり茨城0.2-
相対茨城0.2101
ほうれんそう2811578せり群馬0.2-
相対群馬0.2182
ねぎ19499106せり青森5-
相対青森51,404
きゅうり3149898せり福島5-
相対福島52,592
かぼちゃ149105121せり北海道10-
相対北海道101,361
なす18995107せり群馬0.4-
相対群馬0.4155
トマト2928090せり北海道4-
相対北海道41,922
ミニトマト858398せり北海道3-
相対北海道31,858
ピーマン999895せり茨城0.15-
相対茨城0.1586
とうもろこし786096せり北海道5-
相対北海道51,274
えだまめ619499せり秋田0.25-
相対秋田0.25151
じゃがいも38696114せり北海道10-
相対北海道10-
さつまいも11011197せり千葉5-
相対千葉51,152
さといも2612997せり千葉4-
相対千葉41,361
たまねぎ4149297せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ23-117せり岩手0.1-
相対岩手0.1133
まつたけ2-164せり国内0.4-
相対国内0.4-
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/