買い気さえず全体的に小動き

東京都中央卸売市場(豊洲市場水産農産品課)が発表した2019年1月第2週(1月11日〜1月17日)の概況より。

日ごとの動き

 14日(月)が祝日のため5日間の営業。鮮魚類の取扱数量は前週に比べ8%の減少。

 一般鮮魚を中心に取引を見ると、11日(金)週末の取引に入ったが、鮮魚類の引き合いは弱め。サバが2割、アジが1〜2割値を下げたため、相場全体では弱保合

 12日(土)連休前だが、買い気は引き続きさえなかった。イワシが2〜3割、サバが1〜2割値を下げたため、相場全体では小安い(※1)。

 15日(火)連休明けで買い気は上向いた。イワシが3〜4割値を上げた一方で、アジが1〜3割、スルメイカが2割値を下げたため、相場全体では小幅続落(※2)。

 16日(水)入荷はやや減少したものの、水曜市(※3)で買い気は弱かった。アジが2割値を下げたが、ブリが1〜3割値を上げ、カツオもおおむね反発であったため、相場全体では小反発。

 17日(木)入荷は減少したものの、買い気は弱め。スルメイカが堅調、サバがしっかり(※4)であった一方で、イワシが1割値を下げたため、相場全体では小動き(※5)。

品目別の動き

アジ 中型が鳥取、長崎、中小型が石川主体に入荷。前週に比べ数量は33%増加し、価格は中型が4割弱安、中小型が3割強安。

サバ 佐賀、福岡主体に入荷。前週に比べ数量は3%増加し、2.5割弱安。

イワシ 千葉主体に入荷。前週に比べ数量は10%増加し、価格は1.5割弱高。

スルメイカ 富山、長崎主体に入荷。前週に比べ数量は20%減少し、価格は0.5割強高。

カツオ 愛媛主体に入荷。前週に比べ数量は59%減少し、価格は2.5割高。

ムキカキ 数量は3%減少し、三陸産の価格は4割安。

※1 小安い:価格が少し下落する。

※2 続落:安値に下がった価格が、引き続き下落すること。

※3 水曜市:卸売市場は通常は日曜日と水曜日が休市日。

※4 しっかり:相場がいくらか高くなって、上げ気味な状態。

※5 小動き:高値、安値に多少の動きがあっても、中心相場が保合(もちあい=価格が動かず同一水準を保っている)のとき。

主な水産物の市況(2019年1月第2週)

品目1日平均上場数量(t)前週比(%)前年同期比(%)主産地銘柄卸売価格(㎏/円)
マグロ31.565116各地7,971
海外2,595
メバチ57.3107122各地※冷凍1,112
アジ43.613384鳥取ほか518
石川中小396
サバ47.4103120佐賀ほか279
イワシ21.9110131千葉432
スルメイカ9.38060富山ほか959
冷スルメイカ3.37997各地-
サンマ5.263153各地解凍-
カレイ13.6142121北海道540
青森ほかマコ-
北海道アカ-
北海道アサバ-
ハマチ40.685100愛媛ほか野〆972
塩サケ16.37885北海道トキ2,484
北海道アキ972
タラ類29.1110112青森ほか-
宮城ぶわ-
カツオ1.24180愛媛1,318
キンメダイ6.772129東京ほか2,398
ムキカキ179786三陸1,441
各地1,242
「各地※」は海外を含む。
豊洲市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場豊洲市場水産農産品課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/