みかんは熊本県、長崎県等から

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年10月第2週(10月11日〜10月17日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量1,866t(前週比105%、前年同期比101%)。

 前週比では、西洋なし、なし、ぶどうなどが減少したが、みかん、かき、アールスメロンなどが増加したため、5%の増加となった。

 前年同期比では西洋なし、みかん、くりなどが減少したが、ぶどう、アールスメロン、りんごなどが増加したため、1%の微増となった。

 市況は前週比、前年同期比ともに区々となった。

品目別の動き

みかん 熊本県、長崎県等から入荷し、前週比37%の大幅な増加となった。熊本県産「極早生」の価格は弱保合となった。

りんご 長野県、青森県等から入荷し、前週比で増減なしとなった。岩手県産「ジョナゴールド」の価格は強保合、山形県産「ふじ」、長野県産「シナノスイート」の価格はいずれも弱保合となった。

なし 福島県、新潟県等から入荷したが、前週23%の減少となった。いずれも福島県産で「新高」の価格は強含み、「あきづき」の価格は弱含みとなった。

かき 和歌山県を中心に岐阜県等から入荷し、前週比12%の増加となった。和歌山県産「刀根」の価格は弱保合となった。

ぶどう 長野県を中心に岡山県等から入荷したが、連休を境に出荷量が徐々に減少してきており、前週比18%の減少となった。長野県産「シャインマスカット」の価格は弱含み、岡山県産「ピオーネ」の価格は強保合となった。

くり 茨城県を中心に長野県等から入荷したが、入荷量が減少傾向に入ってきており、前週比10%の減少となった。茨城県産の価格は保合となった。

アールスメロン 茨城県を中心に静岡県等から入荷し、前週比7%の増加となった。引合いは強くなく、茨城県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(果実)の市況(2019年10月第2週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引品種産地単位(kg)価格
みかん58013784せり極早生熊本102,376
極早生長崎101,620
相対極早生熊本102,354
極早生長崎102,009
りんご314100110せりジョナゴールド岩手103,240
ふじ山形10-
シナノスイ−ト長野103,996
相対ジョナゴールド岩手103,078
ふじ山形102,462
シナノスイ−ト長野103,067
なし13277107せり新高福島10-
あきづき福島10-
相対新高福島102,754
あきづき福島103,294
西洋なし117266せりラ・フランス山形5-
相対ラ・フランス山形5-
かき384112102せり富有岐阜104,428
平核無和歌山7.5-
刀根和歌山7.51,764
相対富有岐阜103,636
平核無和歌山7.5-
刀根和歌山7.51,793
ぶどう14282146せりシャインマスカット長野57,236
巨峰長野0.35-
ピオ−ネ岡山5-
相対シャインマスカット長野57,258
巨峰長野0.35357
ピオ−ネ岡山56,804
くり189098せり茨城1-
相対茨城1648
アールスメロン19107113せり茨城82,160
相対茨城83,283
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/