河内晩柑とこだますいか入荷

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年4月第1週(3月29日〜4月4日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量1,211t(前週比89%、前年同期比108%)。

 前週比ではりんご等が増加したが、はっさく、不知火、あまなつかん等が減少したため、11%の減少となった。

 前年同期比ではキーウイ、こだますいか、アンデスメロンが減少したが、清見、河内晩柑、すいか等が増加したため、8%の増加となった。

 市況は前週比で弱含み、前年同期比で区々となった。

品目別の動き

あまなつかん 熊本県を中心に鹿児島県、愛媛県等から入荷したが、前週比19%の減少となった。荷動きはよく熊本県産の価格は強含みとなった。

はっさく 和歌山県を中心に入荷したが、前週比35%の大幅な減少となった。和歌山県産の価格は保合となった。

不知火 愛媛県を中心に熊本県等から入荷し、前年同期比で1%の微増となった。熊本県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

清見 愛媛県を中心に愛知県等から入荷したが、前週比13%の減少となった。愛媛県産の価格は保合となった。

りんご 青森県を中心に入荷し、前週比2%の増加となった。青森県産「ふじ」「王林」の価格は共に保合となった。

いちご 栃木県、福岡県等から入荷したが、前週比11%の減少となった。相場は下がっているが荷動きはよくなく栃木県産「とちおとめ」、福岡県産「あまおう」、の価格は共に弱保合となった。

アンデスメロン 熊本県を中心に入荷したが、前年同期比で9%の減少となった。熊本県産の価格は前年同期比で保合となった。

すいか 熊本県を中心に入荷し、前年同期比で55%の大幅な増加となった。熊本県産の価格は前年同期比で弱保合となった。

こだますいか 茨城県を中心に群馬県等から入荷したが、前年同期比で11%の減少となった。茨城県産の価格は保合となった。

主な農産物(果実)の市況(2019年4月第1週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引品種産地単位(kg)価格
あまなつかん598196せり熊本10-
相対熊本102,088
はっさく3965148せり和歌山102,376
相対和歌山102,441
河内晩柑40-160せり愛媛7-
相対愛媛7-
不知火13080101せり熊本53,132
相対熊本52,160
清見8587197せり愛媛103,672
相対愛媛103,105
りんご269102119せりふじ青森102,894
王林青森103,326
相対ふじ青森102,830
王林青森103,564
いちご23489105せりとちおとめ栃木0.28261
あまおう福岡0.27328
さがほのか佐賀0.27259
紅ほっぺ静岡0.28302
相対とちおとめ栃木0.28307
あまおう福岡0.27309
さがほのか佐賀0.27296
紅ほっぺ静岡0.28311
アールスメロン119392せり静岡11,480
相対静岡1-
アンデスメロン5-91せり熊本5-
相対熊本54,212
すいか60-155せり熊本155,616
相対熊本153,456
こだますいか11-89せり茨城84,644
相対茨城84,050
キ-ウイ319479せり福岡3.6-
相対福岡3.62,052
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場豊洲市場水産農産品課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/