トピックス

「99分,世界美味めぐり」の三ツ星料理たち

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

今回は現在公開中のスウェーデン製のドキュメンタリー映画「99分,世界美味めぐり」に登場するミシュラン星付きレストランの料理とその案内人について述べていく。

美食体験を代替

 本作の案内人である「フーディーズ」と呼ばれる美食家たちは、大手石油会社の元重役アンディ・ヘイラー、タイ・バンコクの金鉱会社の御曹司パーム・パイタヤワット、レコードレーベルの元オーナーのスティーヴ・プロトニキ、リトアニア出身で元スーパーモデルのアイステ・ミセビチューテ、香港生まれのOLケイティ・ケイコ・タムの5人。

 彼らは、ミシュランの三ツ星が意味する「旅行してでも食べる価値がある」の言葉そのままに世界中を旅して星付きレストランを巡り、味わった料理の情報をSNSを通じて発信する美食ブロガーたちである。ネットを駆使したこの手法は、昨年公開された「シェフ 三ツ星フードトラックはじめました」本連載96回参照)に登場した料理評論家を彷彿とさせる。

アンディ・ヘイラーのWebサイト
http://www.andyhayler.com/
パーム・パイタヤワットのWebサイト
http://theskinnybib.com/
スティーヴ・プロトニキのWebサイト
http://www.opinionatedaboutdining.com/
アイステ・ミセビチューテのWebサイト
http://www.luxeat.com/
ケイティ・ケイコ・タムのWebサイト
http://k-luxedining.com/

 彼らは会社員のケイティを除くといわゆるセレブと呼ばれる富裕層であり、有り余る金と時間を使った世界グルメ旅行は一般庶民には別世界と映るかも知れない。しかし「おいしいものを食べたい」という願望は誰もが持っているものであり、なかなか行く機会のない高級レストランの料理の詳細なレポートを読むことでその願望を代替している向きも多いと思われ、それが彼らのWebサイトのアクセス数の多さにつながっている。

 その影響力にはレストラン側も一目置いており、これまで取材を断ってきた名店に今回初めてカメラが入ることが許されたのも、彼らのおかげと言える。

 以下、5人の横顔と共に、彼らが今回の撮影で訪れたレストランと料理について記していく。

アンディと「フロコン・ド・セル」と「アスカ」

 ミシュランの三ツ星レストラン109店を制覇したアンディは、冒頭いきなり「モエ・エ・シャンドンは好きじゃない」と食前酒のシャンパンに文句を付けたことに象徴されるように歯に衣着せぬ物言いが特徴で、高級レストランのシェフたちからも恐れられている。一方で大手石油会社在職時にコンピュータの管理システムを開発した経験から、食材の新鮮さ、食材同士の相性、盛り付けの美しさ、シェフの腕など5つのチェック項目を設定して評価の体系化を試みている食のアナリストでもある。

 そんな彼が訪れたのはモンブランを望む山岳リゾート地サヴォワ地方にある三ツ星レストラン「フロコン・ド・セル」。オーナーシェフのエマニュエル・ルノーは、フランス・国家最優秀職人章(MOF)を受章した実力者で、地元レマン湖の淡水魚を多用した大胆かつ彩り豊かな盛り付けが評判だが、アンディはイセエビのスープを「食材の持ち味を殺してしまっている」と一刀両断。これにはさすがのシェフもキレてまな板に包丁を突き立てるのだった。

 その一方で、かつて開店時に「最悪」と酷評したニューヨークの一つ星レストラン「アスカ」が、料理が変わっておいしくなったと聞きつけると再訪し、一週間吊るした小鳩のローストを上出来だと褒める鷹揚さも持ち合わせている。しかし、「脳みそをくちばしから吸って」というシェフの勧めには「自分の脳だけで十分だ」とユーモアを交えて断るのだった。

パームと「アルサック」と「龍井草堂」

サン・セバスティアンのレストラン「アルサック」の創作料理

サン・セバスティアンのレストラン「アルサック」の創作料理

 ロンドンでシェイクスピアを学ぶ留学生のパームは、学業の傍ら美食のためなら世界中を飛び回るフーディーズの若きホープで、料理のレビューも漫画を使ったユニークなものである。

 彼が訪れた三ツ星レストランは、スペイン・バスク地方のサン・セバスティアンにある「アルサック」。オーナーシェフは、スペイン料理界の重鎮ファン・マリ・アルサックで、現在はフランスで修業を積んだ娘のエレナもシェフを務めている。彼女は「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」本連載42回参照)のフェラン・アドリアの影響を受けながらも、現在は彼女ならではのオリジナリティを感じさせる料理を提供している。半ズボン姿で現れたパームをアットホームな雰囲気でもてなす高級店らしからぬフレンドリーさが魅力の店でもある。

 しかし、真の意味でパームを感動させたのは、中国・杭州の郊外にある星なしレストラン「龍井草堂」の家庭的な中華料理だった。「これまでの食事は一体何だったんだろう」と彼が涙ぐんだのには、13歳で家を出され、家庭の味が恋しい身の上も影響していると思われる。

執筆者

rightwide
rightwide
映画ウォッチャー 埼玉県出身。子供のころからSF映画が好きで、高校時代にキューブリックの「2001年宇宙の旅」を観たところ、モノリスに遭遇したサルの如く芸術映画に目覚め、国・ジャンルを問わない“雑食系映画ファン”となる。20~30代の一般に“青春”と呼ばれる貴重な時をTV・映画撮影現場の小道具係として捧げるが、「映画は見ているうちが天国、作るのは地獄」という現実を嫌というほど思い知らされ、食関連分野の月刊誌の編集者に転向。現在は各種出版物やITメディアを制作する会社で働きながら年間鑑賞本数1,000本以上という“映画中毒生活”を続ける“ダメ中年”である。第5回・第7回・第8回の計3回、キネマ旬報社主催の映画検定1級試験に合格。第5回・第6回の田辺・弁慶映画祭の映画検定審査員も務めた。