「マクドナルド」ハッピーセットが腐らない話について

マクドナルド
マクドナルド

最近の話題としてリョウは「腐らないマクドナルド」の話を持ち出すが、タクヤは「話題が古い」「そもそもくだらない」と不機嫌に。

3年腐らない「マクドナルド」のハッピーセット

リョウ 「来たか。ごくろう」

タクヤ 「暇そうですね」

リョウ 「ゴールデンウイークだからな」

タクヤ 「遊びに行ったらいいじゃないですか」

リョウ 「金がない」

タクヤ 「お金なくたって、できることがあるじゃないですか。ちょっと普段行かないところに行ってみるとか、普段食べないものを食べに行くとか」

リョウ 「普段食べないものと言えば、『マクドナルド』のスライドショー見たか?」

タクヤ 「何です? まさかあれですか」

リョウ 「Twitterとか、Facebookとか、YouTubeとか、いろんな噂を扱う“ニュースサイト”とかで、話題になってたのがあったろう」

タクヤ 「噂話のサイトとか見るんですか、隊長」

リョウ 「うん。面白いじゃん。で、『マクドナルド』のハッピーセット(Happy Meal)買って来て毎日写真撮ってたら、全然腐らないっていう」

タクヤ 「ニューヨークのサリー・デイビス(Sally Davies)っておばさんがやってたらしいですね」

リョウ 「アーティスト様だ。ホームページ見たか? 『SEX and the CITY』とか『The Oprah Winfrey Show』とかでも作品が使われたとか書いてあるぞ」

タクヤ 「それでびびる隊長は意外と俗物」

リョウ 「知らなかったのか?」

タクヤ 「いや、知ってますが」

リョウ 「で、だな。『マクドナルド』のハッピーセットが3年腐らないというスライドショーがあったんだが、えーと……」

タクヤ 「ブックマークしてないんですか」

リョウ 「いや、Twitterのリンクか何かでちょっと見ただけだからさ。そこまでしないよ」

タクヤ 「Googleで『マクドナルド 腐らない』で検索すると、いろいろ出てきますね。もともとの話にいちばん近いのは「半年経っても腐らないマックバーガー、世界中で話題沸騰」っていうAFPの記事(2010年10月15日)かな。2010年4月10日に『ハッピーセット』を買って来て撮り始めたと。で、この記事の日付が10月15日だから半年後です。その前後と思われる動画もYouTubeにありますね」

リョウ 「ほう。『賭けから始まった』のか。サリーおばさんはどっちに賭けたんだろうな?」

タクヤ 「さあ。私、ギャンブルには興味ないです」

リョウ 「日本人でも似たようなことやってた人がいたようだが」

タクヤ 「中国人もいたようですね。日本人も中国人もマネするの得意ですから。とくに背景に正義らしきものがあると、誰でも何でもやっちゃいますしね」

隊長が今日も生きているのはアレのおかげ?

リョウ 「ま、とにかくだ。ニューヨーク在住のある人が『マクドナルド』のハッピーセット買って来て皿に並べて放置しておいたら、3年間腐りませんでした、カビも生えませんでした、という事実があって、ネット上では『それは食い物なのか』『気味が悪い』『食べたくない』『食品添加物が大量に使われているんだ』と大騒ぎになったと、こういうわけだ。現代素材探検隊として、これをどう考えるか」

タクヤ 「えー。今さらそんな話するんですか。日本で話題になってからもう1カ月以上経ってますよ」

リョウ 「なんだ。知ってたんじゃないか。何ですぐ話題にしなかったんだ?」

タクヤ 「だって、これがわーわー言われてる頃、私たちは増粘多糖類の話を掘ってたじゃないですか。だいたいくだらないですよ、こんなの」

リョウ 「大勢の人が話題にしているものを『くだらない』とは何事だ」

タクヤ 「すみません」

リョウ 「まあいいや。『くだらない』と思うなら、どのへんがそう思うか言ってみ」

タクヤ 「そうですね。まず、仮説のない実験はクズです」

リョウ 「いま、お前が『ク○』という文字通り汚い言葉を使ったので、時間を遡って『ソ』を『ズ』に直しておいてやったぞ」

タクヤ 「神ですか!」

リョウ 「この実験、仮説はあったんじゃないか。だって、このおばさん“賭け”でこんなことしたんだから、『ハッピーセットを買って来て皿の上に放置したら腐る/腐らない』という仮説に基づいて始めたと考えるべきだろう」

タクヤ 「その『たら』の前の部分が問題ですね。前提条件があまりにもあいまいで、結果に寄与し得る要素が多すぎ。こういうのは、たとえ再現性があっても、どのように再現されたのか、そもそも再現されたものがなんであるのか、いつも違っている可能性があります。つまり前提条件にならない」

リョウ 「お前が長くしゃべるときは、話がわかりにくい。この実験は再現性がありそうじゃないか」

タクヤ 「隊長が昨日生きていたら、今日も生きている。これはどうですか」

リョウ 「けっこう再現性高いだろうな。実際今生きているぞ」

タクヤ 「じゃ、何で生きているんですか?」

リョウ 「え? そりゃあ、病気にならなかったし、事故にも遭わなかったし、地球はまあ無事であるわけだし……。説明しなきゃいけないことが多すぎてわからんな」

タクヤ 「病気にならなかったのはなぜですか。虫歯とか痔とかあるみたいですが、何の病気のこと言ってるんですか。事故に遭わなかったのはなぜですか。だいたい交通事故のこと言ってるんですか、ほかの事故のこと言ってるんですか。地球が無事って、何をもって無事だと言ってるんですか……」

リョウ 「オ、オレに恨みでもあるのか」

タクヤ 「ま、なくはないですが。で、ハッピーセットは何で腐らなかったんですか?」

リョウ 「たいていの人は、食品添加物がたっぷりだから腐らなかったって言ってるな。だいたい、それで話題になったわけだが」

タクヤ 「その超短絡は何ですか。それじゃ『隊長が今日も生きているのは○○酵素を飲んでるおかげです』って言うのと同じですよ」

リョウ 「いや、そんな変なものは飲んでない」

タクヤ 「ほらね。それが起こった原因の推定の仕方に問題がある上に、実際、事実とも違ってるわけです」

リョウ 「マクドナルドが腐らなかったのは、食品添加物のおかげじゃないんだな」

タクヤ 「それが『まさか!』っていう話は後でしますが、まず、ほっといても腐らない・カビない食べ物なんかほかにいくらでもあるという話からしましょうか」

リョウ 「う。うん」

タクヤ 「でも今日は時間がないので、帰るぞ。ごくろう」

リョウ 「あ、なんか立場が逆転してる……。来週またお待ちしてます」

About 北遥 41 Articles
もの書き稼業 きた・はるか 理科好きの理科オンチ。