リステリア増加でEUが調査

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.17(2017.08.16)を発表した。

注目記事

【欧州食品安全機関】RTEのリステリア汚染に関する意見募集

 欧州食品安全機関(EFSA: European Food Safety Authority)は、欧州連合(EU)域内のそのまま喫食可能な(RTE:ready-to-eat)食品のリステリア(Listeria monocytogenes)汚染およびそれに由来するヒトへの健康リスクを調査した科学的意見について一般意見を募集している。この調査は、2009~2013年に欧州でリステリア症患者数の増加傾向が認められたことから実施された。

 BIOHAZパネル(Panel on Biological Hazards)の専門家は、2008~2015年を対象期間としてさまざまな年齢・性別グループにおけるリステリア症患者数の動向を調査した。また、RTE食品のL. monocytogenes汚染に関する入手可能な最近の情報についてのレビュー、および患者数の動向に影響した可能性がある要因の特定も行われた。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.17(2017.08.16)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2017/foodinfo201717m.pdf

今号の目次

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. 輸入マラドールパパイヤに関連して複数州にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Kiambu、Salmonella Thompson)感染アウトブレイク(2017年8月11、8、4日付更新情報)
2. 2015年の全米ボツリヌス症サーベイランスの結果の概要

【カナダ公衆衛生局(PHAC)】
1. 公衆衛生通知:パン粉付き冷凍生鶏肉製品に関連して発生しているサルモネラ感染アウトブレイク(2017年7月13日付更新情報)
2. 公衆衛生通知:サイクロスポラ感染アウトブレイクを調査中(2017年8月11日付更新情報)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. そのまま喫食可能な(ready-to-eat)食品のリステリア汚染に関する一般意見募集

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【イングランド公衆衛生局(UK PHE)】
1. 英国の人獣共通感染症に関する2015年次報告書

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 環境中の抗生物質耐性菌の起源およびそれに対する対策

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報