じゃが、ふき、ごぼうなど増

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2021年4月第2週(4月9日〜4月15日)の概況より。

日ごとの動き

開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

1日平均入荷量は総量5,790t(前週比100%、前年同期比102%)。

前週比ではたけのこ、ほうれんそう、そらまめ等が減少したが、じゃがいも、ふき、ごぼう等が増加し、増減なしとなった。

前年同期比では、ごぼう、じゃがいも、たまねぎ等が減少したが、トマト、レタス、だいこん等が増加し、2%の増加となった。

市況は、前週比が保合、前年同期比が弱含みとなった。

品目別の動き

だいこん 千葉県等から入荷したが、千葉県産、茨城県産が気温低下や降雨により、前週比6%の減少となった。千葉県産の価格は弱含みとなった。

にんじん 徳島県を中心に青森県等から入荷し、前週比3%の増加となった。徳島県産は細物傾向なため出荷を遅らせており数量は多くはなく、徳島県産の価格は弱保合となった。

キャベツ 神奈川県を中心に愛知県等から入荷したが、気温低く出荷量はやや落ち着いたため、前週比9%の減少となった。神奈川県産の価格は保合となった。

レタス 茨城県を中心に兵庫県等から入荷したが、前週の低気温の影響から生育鈍化し茨城県産中心に数量が少なめとなったため、前週比で11%の減少となった。引き合いが強まり相場はやや上昇し、茨城県産の価格は強保合となった。

はくさい 茨城県を中心に入荷し、前週比10%の増加となった。全体量は十分で荷動きは鈍く、茨城県産の価格は弱保合となった。

ねぎ 千葉県を中心に埼玉県等から入荷し、前週比5%の増加となった。春ねぎは出荷前進傾向のため例年より早めの減少になっており、夏ねぎは生育遅れのため全体量少なく、千葉県産の価格は保合となった。

きゅうり 群馬県、埼玉県等から入荷し、前週比1%の微増となった。天候が悪く数量は不安定で、群馬県産の価格は弱含みとなった。

なす 高知県を中心に入荷し、高知県産、福岡県産、栃木県産が低温や曇天から数量が伸び悩み、前週比5%の減少となった。荷動きは鈍く、高知県産の価格は弱含みとなった。

トマト 熊本県を中心に栃木県等から入荷し、増量傾向が予想されたものの、気温低下や曇雨天のためさほど増えず、前週比で増減なしとなった。荷動きは鈍く、熊本県産の価格は弱保合となった。

ピーマン 茨城県を中心に宮崎県、高知県等から順調に入荷し、前週比2%の増加となった。今後も増量傾向になるため荷動きは鈍めで、茨城県産の価格は弱含みとなった。

主な農産物(野菜)の市況(2021年4月第2週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん45394116せり千葉10675
相対千葉10670
かぶ59102111せり千葉0.8-
相対千葉0.897
にんじん402103108せり徳島10-
相対徳島101,490
ごぼう1711357せり青森4-
相対青森42,592
たけのこ516477せり静岡10-
相対静岡104,860
キャベツ86491113せり神奈川10-
相対神奈川10670
レタス27089119せり茨城10-
相対茨城101,102
はくさい288110113せり茨城15-
相対茨城15346
こまつな499195せり茨城0.2-
相対茨城0.238
ほうれんそう5278101せり群馬0.2119
相対群馬0.2106
ねぎ15110588せり千葉52,835
相対千葉52,700
ふき1213098せり愛知4-
相対愛知41,296
セルリー349198せり静岡10-
相対静岡102,549
きゅうり31710197せり群馬5-
相対群馬51,339
かぼちゃ9210384せりニュージーランド10-
相対ニュージーランド101,253
なす14895102せり高知5-
相対高知51,879
トマト349100122せり熊本4-
相対熊本41,340
ミニトマト9996109せり熊本3-
相対熊本31,296
ピーマン11010297せり茨城0.15-
相対茨城0.1581
そらまめ2181101せり鹿児島4-
相対鹿児島42,549
じゃがいも36014171せり鹿児島10-
相対鹿児島10-
さつまいも878190せり千葉5-
相対千葉51,490
たまねぎ53910374せり佐賀20-
相対佐賀201,620
なましいたけ2694105せり千葉0.1-
相対千葉0.1-
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/