たけのこ、レタスなどが増加

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年4月第3週(4月12日〜4月18日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量5,850t(前週比104%、前年同期比101%)。

 前週比ではにんじん、じゃがいも、さつまいも等が減少したが、たけのこ、レタス、ピーマン等が増加したため、4%の増加となった。

 前年同期比では、かぶ、レタス、セルリー等が減少したが、ごぼう、たけのこ、ほうれんそう等が増加したため、1%の微増となった。

 市況は、前週比が強含み、前年同期比が強保合となった。

品目別の動き

だいこん 千葉県を中心に入荷したが、前週比1%の微減となった。千葉県産の価格は強保合となった。

にんじん 徳島県を中心に青森県等から入荷したが、前週比7%の減少となった。太物サイズ中心に引き合いがあったため相場は上昇し、徳島県産の価格は強保合となった。

キャベツ 神奈川県、愛知県等から入荷し、前週比5%の増加となった。引き合いはあるが入荷が多く、前週の高値反動もあり相場が下落し、神奈川県産の価格は弱含みとなった。

レタス 茨城県を中心に兵庫県等から入荷し、前週比21%の増加となった。茨城県産の価格は弱保合となった。

はくさい 茨城県を中心に入荷した。気温上昇による生育不良はあるが不足のない入荷で、前週比19%の増加となった。茨城県産の価格は強保合となった。

ねぎ 千葉県を中心に埼玉県等から入荷したが、前週比1%の微減となった。千葉県産の価格は強保合となった。

きゅうり 群馬県、埼玉県等から入荷し、関東産は気温の上昇で出荷量が回復したため前週比3%の増加となった。群馬県産の価格は弱保合となった。

なす 高知県を中心に入荷し、前週比1%の微増となった。引き合いはあるが品薄感はなく相場は安定しており、高知県産の価格は保合となった。

トマト 熊本県を中心に栃木県等から入荷し、前週比10%の増加となった。荷動きは鈍く相場が下落し、熊本県産の価格は弱保合となった。

ピーマン 茨城県を中心に宮崎県等から順調に入荷し、前週比20%の増加となった。西南暖地産から茨城県産への切替えが進んでいる。引き合いに対し供給量が多いため、相場は下落し茨城県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年4月第3週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん4419992せり千葉10-
相対千葉101,166
かぶ5310077せり千葉1-
相対千葉1130
にんじん32693116せり徳島10-
相対徳島101,215
ごぼう3098131せり青森4-
相対青森41,166
たけのこ63122123せり静岡43,024
相対静岡42,981
キャベツ868105103せり神奈川10-
相対神奈川101,166
レタス25912188せり茨城10-
相対茨城102,117
はくさい319119102せり茨城15-
相対茨城151,058
こまつな52108107せり茨城0.2-
相対茨城0.274
ほうれんそう55120124せり群馬0.2-
相対群馬0.297
ねぎ17699103せり千葉5-
相対千葉51,426
ふき1212757せり愛知4-
相対愛知41,296
セルリー3810288せり静岡10-
相対静岡102,786
きゅうり32710394せり群馬5-
相対群馬51,231
かぼちゃ12098110せりニュージーランド10-
相対ニュージーランド101,274
なす15910191せり高知5-
相対高知52,117
トマト33511099せり熊本4-
相対熊本41,361
ミニトマト105111117せり熊本3-
相対熊本31,534
ピーマン122120103せり茨城0.15-
相対茨城0.1576
そらまめ2210867せり鹿児島4-
相対鹿児島42,628
じゃがいも3969298せり鹿児島10-
相対鹿児島10-
さつまいも10193102せり千葉5-
相対千葉51,274
たまねぎ618109121せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ27100102せり岩手0.1-
相対岩手0.1101
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/