茨城レタス低温で生育進まず

東京都中央卸売市場(大田市場業務課)が発表した2019年4月第2週(4月6日〜4月12日)の概況より。

日ごとの動き

 開市日数は、今週5日、前週5日、前年5日。

 1日平均入荷量は総量5,604t(前週比102%、前年同期比93%)。

 前週比ではレタス、ほうれんそう、ねぎ等が減少したが、きゅうり、かぼちゃ、ミニトマト等が増加したため、2%の増加となった。

 前年同期比では、ごぼう、じゃがいも、たまねぎ等が増加したが、たけのこ、レタス、トマト等が減少したため、7%の減少となった。

 市況は、前週比、前年同期比ともに強保合となった。

品目別の動き

だいこん 千葉県を中心に入荷したが、前週比4%の減少となった。千葉県産の価格は保合となった。

にんじん 徳島県を中心に入荷し、前週比5%の増加となった。月が替わって注文が増加しているが、品薄感はなく相場は安定しており徳島県産の価格は保合となった。

キャベツ 神奈川県をはじめ愛知県、千葉県等から入荷したが、前週比4%の減少となった。神奈川県産の価格は強保合となった。

レタス 茨城県を中心に兵庫県等から入荷したが、茨城県産が気温低下により生育が進まず前週比9%の減少となった。茨城県産の価格は強保合となった。

はくさい 茨城県を中心に入荷し、前週比3%の増加となった。茨城県産の価格は強保合となった。

ねぎ 千葉県を中心に埼玉県等から入荷したが、前週比5%の減少となった。引き合いがあるため相場は上昇し、千葉県産の価格は強保合となった。

きゅうり 群馬県をはじめ埼玉県、千葉県等から入荷し、前週比18%の増加となった。群馬県産の価格は保合となった。

なす 高知県を中心に入荷し、前週比10%の増加となった。引き合いはあるが品薄感はなく相場は安定しており、高知県産の価格は保合となった。

トマト 熊本県をはじめ栃木県等から入荷し、前週比6%の増加となった。熊本県産の価格は弱含みとなった。

ピーマン 茨城県をはじめ宮崎県等から入荷し、週前半は気温の低下で入荷が伸び悩んだが、後半は順調出荷となり前週比14%の増加となった。引き合いはあるが入荷増のため相場が下落し茨城県産の価格は弱保合となった。

主な農産物(野菜)の市況(2019年4月第2週)

品目1日平均入荷量(t)前週比(%)前年同期比(%)取引産地単位(kg)価格
だいこん4439682せり千葉10-
相対千葉101,037
かぶ539673せり千葉1-
相対千葉1121
にんじん349105114せり徳島10-
相対徳島101,102
ごぼう31103147せり青森4-
相対青森4828
たけのこ519964せり静岡4-
相対静岡42,873
キャベツ8259693せり神奈川10-
相対神奈川101,210
レタス2159174せり茨城10-
相対茨城102,311
はくさい26910381せり茨城15-
相対茨城15907
こまつな489591せり茨城0.2-
相対茨城0.258
ほうれんそう468983せり群馬0.2-
相対群馬0.2112
ねぎ17995103せり千葉5-
相対千葉51,253
ふき99455せり愛知4-
相対愛知41,318
セルリー3711388せり静岡10-
相対静岡102,722
きゅうり31811890せり群馬5-
相対群馬51,318
かぼちゃ12211697せりニュージーランド10-
相対ニュージーランド101,253
なす15811088せり高知5-
相対高知52,052
トマト30410677せり熊本4-
相対熊本41,490
ミニトマト9512089せり熊本3-
相対熊本31,750
ピーマン10211488せり茨城0.15-
相対茨城0.1586
そらまめ2010754せり鹿児島4-
相対鹿児島42,484
じゃがいも429118120せり鹿児島10-
相対鹿児島10-
さつまいも109103101せり千葉5-
相対千葉51,145
たまねぎ567111119せり北海道20-
相対北海道20-
なましいたけ2795102せり岩手0.1-
相対岩手0.197
入荷量は東京都中央卸売市場全体、相場は大田市場調べ。価格は中値。
東京都中央卸売市場週間市況(東京都中央卸売市場大田市場業務課)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/week/