前年超え更新。外食単価は上昇

2022年6月

ホットペッパーグルメ外食総研は、2022年6月度の外食市場調査を発表した。2022年6月の外食市場規模は2,291億円で、前年同月比+946億円(東名阪3圏域計)となった。ただし、前月比では−317億円の結果。

外食市場規模は7カ月連続前年同月超えとなったが、2019年同月比では68.6%で、5月度の同80.5%から後退となった。

外食単価は、前年比でも2019年同月比(101.8%)でも増加しているが、同研では「反動消費や物価高騰が影響している可能性がありそうだ」としている。

主要全16業態では4カ月連続して市場規模が前年を超えた。ただし、2019年同月比100%を超えた業態はない。

食事主体業態・計は前年比158.1%(19年比77.5%)、飲酒主体業態・計は同254.2%(同53.4%)、軽食主体業態・計は同106.4%(同63.2%)と、どの中分類でも19年比でみると前月よりマイナス幅が拡大している。

ホットペッパーグルメ外食総研「外食市場調査」(2022年6月度)
https://www.hotpepper.jp/ggs/research/article/marketing/202206