ユネスコ無形文化遺産に値する料理

売上げの伸びないハーレーダビッドソンのブランドを建て直し、日本で最も売れるオートバイに返り咲かせた立役者、アンクル・アウルこと奥井俊史氏が、食ビジネスを新しい視点で観察し、提言します。今回は「フランスの美食料理」ほかがユネスコ無形文化遺産に選ばれたことから、料理の文化的価値を考えます。

フレンチはじめ三つの食が無形文化遺産に

 旧聞に属する話だが、2010年11月16日、ユネスコ(UNESCO/国際連合教育科学文化機関)は、「フランスの美食料理」(The gastronomic meal of the French)を無形文化遺産として登録することを発表した。このとき同時に、「伝統的メキシコ料理――古来から継続するコミュニティ文化、ミチョアカン州のパラダイム」(Traditional Mexican cuisine – ancestral, ongoing community culture, the Michoacan paradigm」、「北クロアチアのジンジャーブレッド細工」(Gingerbread craft from Northern Croatia)が登録されたが、「食」に関する文物が無形文化遺産として登録されたのは今回が初めてである。

 ユネスコの無形文化遺産とは、2003年にパリで作成された「無形文化遺産保護条約」の第2条で定義された事柄を根拠に選択、登録がされているものだ。定義を写し取ると、無形文化遺産は「慣習、描写、表現、知識及び技術並びにそれらに関連する器具、物品、加工品及び文化的空間であって、社会、集団及び場合によっては個人が自己の文化遺産の一部として認めるものをいう」ということなので、人がすることであれば何でも該当しそうだが、そうではない。定義はさらに続き、「世代から世代へと伝承され、社会及び集団が自己の環境、自然との相互作用及び歴史に対応して絶えず再現し、かつ、当該社会及び集団に同一性及び継続性の認識を与えることにより、文化の多様性及び人類の創造性に対する尊重を助長するものである」とある。つまり、人から人に伝えられ、いつでも同じように作られたり表現されたりするもので、その社会のアイデンティティであり、人間の素晴らしさを謳うものである。しかも、「条約の適用上、無形文化遺産については、既存の人権に関する国際文書並びに社会、集団及び個人間の相互尊重並びに持続可能な開発の要請と両立するものにのみ考慮を払う」とあるから、人類の名誉に資するものだけということになる。

 すでに多数の無形文化遺産が世界各国に登録されている。日本の文物で登録されたものは18件に達するが、例を上げれば、2001年には「能楽」が、2003年には「人形浄瑠璃文楽」が、2005年には「歌舞伎」が登録され、2010年度には「結城紬」も登録された。

 登録された他の国々の文物で、われわれになじみのありそうなものを書き出してみようとしたが、全体の登録件数が多い割には、なかなか身近に感じる文物は少ない。浅学非才な私が名称を見ただけで具体的にイメージできたものは、中国の「京劇」ぐらいであった。これですら、2010年になってようやく登録されたものだ。

優れた文化的背景を持つ料理は他にも

 ともあれ今回認定された「フランスの美食料理」以下3件は、料理として、また食文化としては初めてのことである。

 今回「フランスの美食料理」が認定された理由は、「複数の料理のコースからなり、作法や趣向も重んじられているフランスの美食料理は、『集団や個人の人生にとって最も大切な時を祝うための社会的習慣であり、無形文化資産としての条件を満たしている』と判断された」からとのことだ。

 個人的には、フレンチのフルコースの濃密さは、今日の私の胃袋にはいささか負担が重い。それでもいま少し若かりし頃は、日本でもフランスでも、いくつかの星の輝く店でフレンチを楽しんだ。ヌーベル・クイジーヌの前と後の違いも、実際に見て味わって両方を記憶することができた。その体験から、フレンチは単にうまいものを食べるという即物的なものではなく、食事が大切なイベントとして認知され、扱われていることはよくわかる。シチュエーションから、一品ごとにも全体にも、細やかに心を行き届かせて用意するフレンチは、まさに文化であるという判断に全く異論はない。これが無形文化遺産に認められたことは、人類にとってたいへん意義深いことだ。

 とはいえ、同様の文化はフランスに限らずヨーロッパ各国にもある。食卓を囲んで家族や友人たちがゆっくりと流れる時間を楽しむ「テーブル文化」とでも言うべき習慣が、各国それぞれに存在するのだ。「フランスの美食料理」の登録は、そうしたテーブル文化の代表とされたと見てもいいだろう。

奥井俊史
About 奥井俊史 106 Articles
アンクル・アウル コンサルティング主宰 おくい・としふみ 1942年大阪府生まれ。65年大阪外国語大学中国語科卒業。同年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。中国、中近東、アフリカ諸国への輸出に携わる。80年初代北京事務所所長。90年ハーレーダビッドソンジャパン入社。91年~2008年同社社長。2009年アンクルアウルコンサルティングを立ち上げ、経営実績と経験を生かしたコンサルティング活動を展開中。著書に「アメリカ車はなぜ日本で売れないのか」(光文社)、「巨象に勝ったハーレーダビッドソンジャパンの信念」(丸善)、「ハーレーダビッドソン ジャパン実践営業革新」「日本発ハーレダビッドソンがめざした顧客との『絆』づくり」(ともにファーストプレス)などがある。 ●アンクル・アウル コンサルティング http://uncle-owl.jp/