トピックス

風説・風評との闘いは創業期から

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare

【味の素特別顧問歌田勝弘氏へのインタビュー】味の素株式会社(以下、味の素社)第7代社長(1981~1989年)を務めた歌田勝弘氏に味の素社の歩みを聞き、永続するブランドと企業活動の秘訣を探った。

第1回は、味の素社が創業期から相次いで見舞われた風評・風説にいかに対応してきたかを聞いた。

インタビューでは、編集部からの簡単な質問に対して、歌田氏は詳細な内容を一息に話されたため、聞き書きの形で記した(カコミ部分は齋藤)。

日本で発見され日本で工業化された“味”

最初に、歌田氏の入社当時のことと、それまでの味の素社の歩みを聞いた。それによれば、「味の素」は明治のスタート時点から、特許や商標といった権利、公的機関による安全確認、そして親しみのある商品名を選ぶなど、ゆるぎないブランド作りに必要な要点を押さえていたことがわかる。そして、戦時下にそのブランドを封印された後、戦後に再度ブランドを作っていく再出発の時期に、歌田氏は入社した。

戦後「味の素」ブランドの再出発を共に歩む
味の素株式会社特別顧問歌田勝弘氏

味の素株式会社特別顧問歌田勝弘氏

 私は昭和22(1947)年に味の素社に入社しました。私の社歴から言うと、うま味調味料「味の素」を中心とした営業、マーケティングに携わった期間が長いのですが、最初に配属されたのは、横浜の食用油の工場です。

 実はあの頃、私は横浜に油の工場があるのも知らなかったし、味の素社が油を作っていることも知らなかった。でも味の素社は戦前から製油を手がけていたんです。それまでは子会社の宝製油(1935年吸収)でやっていた。満州にも工場がありました。

 それで、私が入社したときにはブランドのない配給品の食用油を作っていました。戦時中に多くの食品が統制品となって、戦争が終わっても、どこのメーカーもブランドのない製品を作っていました。

 それが、昭和25(1950)年になって、どうも統制解除になりそうだと伝わってきました。そうなると自分たちで売ることになります。それで、私は食用油の営業に配属されました。「味の素」の販売の部署に移ったのはその2年後ぐらい、昭和27(1952)年のことです。これは後に営業一課となる部署なのですが、当時「営業」とは言いませんでした。

草創期に意識された権利・安全・親しみ

「味の素」の歴史を簡単に紹介しておきましょう。

 明治41(1908)年に、東京帝国大学教授の池田菊苗博士が、昆布のうま味の成分がグルタミン酸塩であることを発見しました。博士は、コンブのうま味は甘味、酸味、苦味、鹹味(塩味)の四原味とは違う、これは何だろうということから研究を始めたと伝えられています。

 そしてグルタミン酸ソーダ(グルタミン酸ナトリウム)を主成分とする調味料の製造方法を発明して、その年の7月には特許を取得しています。

 池田博士はこの特許取得と同時に、鈴木製薬所という会社の二代目鈴木三郎助に事業化の相談をしました。

 この鈴木製薬所が、今日の味の素社という企業の母体で、その頃は神奈川・葉山にありました。二代目三郎助は東京で実業家として活躍していましたが、葉山の実家のお母さんがカジメという海藻を焼いてヨード製造の原料となるヨード灰を作る仕事を始めて、これが軌道に乗って設立した会社です。

 同年9月に、池田博士と二代目三郎助は、この調味料の特許の権利を共有しました。ここで私が今も感心するのは、二代目三郎助は、すぐに内務省東京衛生試験所というところへ安全性の試験を依頼しているのです。そして10月13日付けで「食べ物の調味料に供すれども衛生上無害なり」という評価(衛生上無害証明)をもらっているのです。

 この調味料の商品名については、池田博士は「味精」(みせい)という名前を考えました。しかし、二代目三郎助は、どうもそれじゃ売れないだろうと思った。それで考えて命名したのが「味の素」です。

 これも私は感心するのですが、早くもその年の11月には「味の素」の美人印を商標登録の商標登録をしています。商品の安全性とブランドが大切だと考えていたことがわかります。その時代に、よくやったものだと思います。

 鈴木製薬所でグルタミン酸ソーダ製造の工業化が成功し、逗子工場での生産がスタートしたのが12月で、翌明治42(1909)年に発売しました。世界に全くなかった商品の誕生です。

 これが世界的な商品に成長していくわけですが、とは言え、発売からしばらくは販売するのにたいへんな苦労があったのです。

風評という試練は大正期から

「味の素」は広く普及し事業や生活になくてはならない商品になった一方、しばしば風説が立てられ、風評の影響を受けてきた。その最初のものは、発明・発売から数年という早い段階からあった。この風説はメディアも執拗に宣伝し、人々の思い込みにも根強いものがあり、払拭には苦労を要した。

風説「原料ヘビ説」に悩まされる

 味の素社は風評に何べんも巻き込まれた歴史があります。その最初のものが、「原料ヘビ説」というものです。三代目鈴木三郎助さんや先輩たちから聞いていたことから、その顛末をお話ししましょう。

執筆者

齋藤訓之
齋藤訓之
Food Watch Japan編集長 さいとう・さとし 1988年中央大学卒業。柴田書店「月刊食堂」編集者、日経BP社「日経レストラン」記者、農業技術通信社取締役「農業経営者」副編集長兼出版部長等を経て独立。2010年10月株式会社香雪社を設立。「FoodScience」(日経BP社)では「食の損得感情」を連載。公益財団法人流通経済研究所客員研究員。亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科非常勤講師。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。日本フードサービス学会会員。著書に「有機野菜はウソをつく」(SBクリエイティブ)、「食品業界のしくみ」「外食業界のしくみ」(ともにナツメ社)、「農業成功マニュアル―『農家になる!』夢を現実に」(翔泳社)、共著・監修に「創発する営業」(上原征彦編著ほか、丸善出版)、「創発するマーケティング」(井関利明・上原征彦著ほか、日経BPコンサルティング)、「農業をはじめたい人の本―作物別にわかる就農完全ガイド」(監修、成美堂出版)など。※amazon著者ページ → ※齋藤訓之のブログ →