トピックス

遺伝子組換え大国・米国の今

FacebookTwitterHatenaLineYahoo BookmarksMixiLinkedInShare
視察地略図

視察地略図

わが国では遺伝子組換え(GM)作物への風当たりが依然として強い。法律では栽培が禁止されていないが(※1)、研究機関の実験圃場での栽培を除き、商業栽培は行われていない。消費者の間で健康被害や環境への影響を懸念する意見が根強く、生産サイドがそれに配慮しているからだ。

 GMに危険があるならば、世界的にGM栽培面積が年々拡大されていることをどう説明すべきだろうか(※2)。米国では1990年代半ばにGM作物の商業栽培が始まって以来、健康被害は1件も確認されていない。

 にもかかわらず、なぜ日米でGM作物の受け止め方がこれほど大きく異なるのか。そんな疑問を抱いて、米国のGM作物の栽培現場を視察した。

農薬使用量が減るメリットは大きい
「GM栽培に変えてから同じ面積で2倍の収穫が得られるようになった」と語るマーク・スコットさん(後列中央)一家と視察団。後ろは収穫用の大型トラクター。ミズーリ州ウェンツビルで。

「GM栽培に変えてから同じ面積で2倍の収穫が得られるようになった」と語るマーク・スコットさん(後列中央)一家と視察団。後ろは収穫用の大型トラクター。ミズーリ州ウェンツビルで。

 米国中部ミズーリ州東端のミシシッピ川とミズーリ川の合流点に位置する商工業都市・セントルイス(人口約28万人)を拠点に、ミズーリ、イリノイ両州の穀倉地帯でGM作物を栽培する圃場、穀物エレベーター(穀物の集荷・貯蔵施設。以下カントリーエレベーター)、両州にまたがる世界最大のGM作物開発企業・モンサント社の研究所や開発中のGM作物の試験栽培を行うラーニングセンターなどを視察したほか、著名なバイテク研究者に意見を聞いた。

 セントルイスから北西へ約80km。ウェンツビルの農家マーク・スコットさん(49歳)の農場を訪ねた。祖父の代からの専業農家と言い、耕作しているのは1600エーカー(約650ha。1エーカー=0.4047ha)。日本の農家とは規模が違う。半分は自分の農地で、残り半分は引退したが先祖代々の土地を手放したくないという元農家から賃貸契約で借りている。

 650haと言っても想像できないかもしれないが、1985年に茨城県つくば市で開催された科学万博の会場が約100haだから、その6.5倍の農地を一農家が耕作していることになる。それでも、セントルイス近郊では広い方とは言え、同州全体では狭い方だと言う。

 普段はマークさんが中心になって働いているが、播種期や収穫期には大学生と高校生の2人の息子も手伝う。

 現在栽培しているのは、大豆とトウモロコシがほぼ半々。いずれも害虫抵抗性(Bt)と除草剤抵抗性(Ht)の両方の性質を持つスタック品種と呼ばれるGM作物だ。1996年にHtのトウモロコシの商業栽培が始まったときから、マークさんたちも栽培に取り取り組んだ。

「GM作物の種子を使うことに不安はなかったか」と聞くと「以前から除草剤を使っていたので、HtのGM種子をまくことに何の抵抗もなかった」との返事が即座に返ってきた。

「GM作物の栽培を始めてから除草剤の使用量が大幅に減り、雑草を刈る手間も減った。GM品種にすることで不耕起栽培が可能になり、圃場の水分が保持される。25年前と比べると、同じ面積で2倍の収量があるGM品種に変えてから収入は20%増えた」と言う。

 日本ではGM作物の商業栽培が事実上できないことを伝えると「日本が米国産トウモロコシをたくさん買ってくれているのは知っているが、それは初耳だ」とスコットさん。「GM品種も非GM品種も安全性については全く変わりないはずだが……」と戸惑いの表情を見せる。

ビル・ロングさんにGM作物の有用性について話を聞く視察団(左端が筆者)。イリノイ州フランクリンのビル・ロング&ブレイル農場で。

ビル・ロングさんにGM作物の有用性について話を聞く視察団(左端が筆者)。イリノイ州フランクリンのビル・ロング&ブレイル農場で。

ビル・ロングさん(左)の次男ブレイルさんは「父の引退後、経営規模をさらに拡大したい」と夢を語る。

ビル・ロングさん(左)の次男ブレイルさんは「父の引退後、経営規模をさらに拡大したい」と夢を語る。

 セントルイスの北約150km、イリノイ州のほぼ中央に位置するフランクリンのビル・ロングさん(58歳)は2500エーカー(約1000ha)を耕作するが、この付近では平均的な広さだ。ビルさんは1980年に化学関係の企業を退職し、2代目として家業を継いだ。次男のブレイルさん(33歳)と2人で取り組む。2014年は1400エーカーにGM大豆、1100エーカーにGMトウモロコシを作付け、BtとHtへの耐性が生じるリスクを少しでも減らすため、毎年大豆とトウモロコシを交互に栽培する輪作を行っている。

「GM作物は15年前から栽培しているが、最初から不安はなかった」と、先のマーク・スコットさんと同様の答えが返ってきた。

 非GM品種からGM品種に変えた理由について、畑に農薬が残留しないことや、収穫が増えることなどの利点を挙げる。

「子どものころはいつも雑草刈りを手伝っていた。今はその必要がなくなり、自由時間が増えた」と喜ぶ。「農業をやめる農家から土地を買い増ししてきたほか、GM品種に変えてから人手がかからなくなったこともあって経営規模が拡大できた」と胸を張る。

 一方、ブレイルさんは「子どものころから農業を手伝っていたので、後を継ぐことに迷いはなかった」と言い、「父の引退後にさらに経営規模を拡大したい」との希望を持っているが、種子の価格が下がっているのに肥料代などの経費が高くなっていることが気がかりだそうだ。

執筆者

日比野守男
日比野守男
ジャーナリスト ひびの・もりお 名古屋工業大学卒業、同大学院修士課程修了後、中日新聞社(東京新聞)入社。地方支局勤務の後、東京本社社会部、科学部、文化部などに所属。この間、第25次南極観測隊に参加。米国ワシントンDCのジョージタウン大学にフルブライト留学。1996年~2012年東京新聞・中日新聞論説委員(社会保障、科学技術担当)。2011年~東京医療保健大学教授。