2020年12月4日(金)の暦

12月第1金曜日で、月齢は18.91、中潮。旧暦の10月20日に当たります。七十二候は小雪末候、橘始黄(たちばなはじめてきばむ)の第3日。

季節と行事

2020(令和2)年12月4日 12月第1金曜日
月齢:18.91 潮名:中潮

橘始黄(たちばなはじめてきばむ/小雪末候)第3日

旧暦(天保暦):2020年10月20日=庚子/丁亥/辛巳
暦注:大安 不成就日


「日本食糧新聞」(日本食糧新聞社)発行日

【セロリ】冷涼な気候を好む野菜だけあって県別国内シェアトップは長野県。この長野県産は春〜秋に出回りますが、気温が下がる晩秋から春にかけては温暖地である静岡県、福岡県、愛知県で施設栽培されるものが出回り、これら3県がシェア2〜4位を占めています。ですから、冬場はセロリの裏の旬とも言えるでしょう。西洋野菜ですが日本への渡来は江戸後期、1800年頃にオランダ船が持ち込んだとされています。また、加藤清正が文禄・慶長の役の際に持ち帰ったという言い伝えもあり、葉の姿が人参に似ていることから、清正人参という名も。ただし、本格的に普及したのは戦後で、シチューやサラダに使われ出してから身近な野菜になりました。

世界の暦

民国紀元109年 庚子10月20日 星期五

ユリウス暦2020年11月21日

カトリック:待降節
ルーテル教会:待降節(アドベント)
聖公会:降臨節
正教会:至聖なる我が女宰生神女永貞童女マリヤの進殿祭(進堂祭)

イスラム教:ヒジュラ暦1442年ラビーウ・アッサーニー(Rak/第4月)18日

●2022年12月4日(日)の暦へ →