市場規模が単月では過去最大

ホットペッパーグルメ外食総研による外食市場調査の2018年12月度調査結果では、外食市場規模が3カ月連続で前年を上回った。過去の12月と比較しても好調だった。

外食実施率・外食単価ともに高い

 2018年12月の外食市場規模は、3圏域合計で4,280億円。前年同月比(以下、前年比)は+67億円で、3カ月連続で前年を上回った。外食実施率(78.5%、前年比+0.7ポイント)と外食単価(2,948円、前年比+10円)は、いずれも12月としては過去2番目に高い数値。外食頻度(4.47回/月、前年比+0.01回)も前年実績を超えたことで、市場規模が単月としては過去最大を記録した。

 圏域別では、首都圏(前年比+80億円)と東海圏(同23億円)が前年比プラスであったが、関西圏(同−35億円)だけは4カ月ぶりに前年比マイナスであった。性年代別では、外食実施率においてここのところ不振の60代が前年比マイナスであったが、他の全性年代で前年実績を上回る数値を記録した。

 2018年12月は、カレンダー上は土・日・祝日の合計日数が前年より1日多く、個人需要では有利な面もあったが、逆に金曜日は前年より1日少なく、法人の宴会需要などでは不利な面もあり、有利・不利は相殺された可能性もある。

2018年12月の外食実施率は78.5%

前月比増減+2.2pt、前年比増減+0.7pt。

外食実施率(2018年12月)

2018年12月の外食頻度は4.47回/月

前月比増減+0.24回、前年比増減+0.01回。

外食頻度(2018年12月)

2018年12月の外食単価は2,948円

前月比増減+380円、前年比増減+10円。

外食単価(2018年12月)

2018年12月の外食市場規模は4,280億円

前月比増減+844億円、前年比増減+67億円。

外食市場規模(2018年12月)

居酒屋とアジアン料理店が伸びた

 業態別では、主要16業態中、12業態で市場規模が前年比プラスで、とくに「居酒屋」(前年比増減+41億円)、「アジアン料理店」(同+21億円)などの伸びが顕著だった。「居酒屋」「アジアン料理店」ともに、延べ利用回数と単価の両方が前年より増加しているが、このような業態は8業態あった。

 延べ外食回数でもっとも伸びたのは「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」で、前年比+92万回、また、単価が最も伸びたのは「スナック、ナイトクラブ、キャバレー」で前年比+1,973円などとなっている。

 前月まで16カ月連続で前年市場規模を上回っていた「レストラン、食堂、ダイニング、洋食店」は、外食単価(2,429円)が前年比−68円と実績を割り込んだことが原因で、連続しての前年実績超えが16カ月でストップした。

前年比プラス業態

「中華料理店」「アジアン料理店」「その他各国料理店」「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」「お好み焼き、鉄板焼き等の専業店」「すき焼き、しゃぶしゃぶ、鍋、おでん等の専業店」「ファミリーレストラン、回転寿司」「居酒屋」「バー、バル、ワインバー、ビアホール、パブ」「カラオケボックス」「ファストフード」「牛丼、カレー等一品もの専売業態」

前年比±0の業態

なし

前年比マイナス業態

「和食料理店」「レストラン、食堂、ダイニング、洋食店」「フレンチ・イタリアン料理店」「スナック、ナイトクラブ、キャバレー」

※ホットペッパーグルメ外食総研「外食市場調査」(2018年12月度)
https://www.hotpepper.jp/ggs/research/article/marketing/201812

ホットペッパーグルメ外食総研・外食市場調査

 ホットペッパーグルメ外食総研・外食市場調査は、リクルートライフスタイル(東京都千代田区、淺野健社長)の外食に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」が行っている調査。毎月、首都圏・東海圏・関西圏の約9,000〜1万人を対象に「外食市場調査」を実施している。

 この「外食市場調査」では、圏域内の生活者による毎日の夕方以降の食事や飲酒について、外食と中食の内容(場所、相手、単価など)をヒアリングし、毎月の外食市場の動きを継続的に可視化している。3圏域限定で朝食・昼食は含まない市場調査ではあるが、飲食店などの事業所ヒアリングではなく、生活者に直接ヒアリングを行っていることから、性年代別や相手別の消費動向がわかり、外食している街や業種の情報が取得できていることが特徴。

稲垣昌宏
About 稲垣昌宏 19 Articles
ホットペッパーグルメ外食総研上席研究員 いながき・まさひろ 市場調査をメインに消費者動向から外食市場動向を分析・予測。また、観光に関する調査・研究、地域振興機関である「じゃらんリサーチセンター」研究員も兼務し、「食」と「観光」をテーマに各種委員会活動や講演などを行っている。肉より魚を好む、自称「魚食系男子」。