野菜料理の柿沢安耶さん、サンマリノで野菜ずし紹介へ

柿沢安耶さん
柿沢安耶さん
柿沢安耶さん
柿沢安耶さん

野菜スイーツ「パティスリー ポタジエ」「野菜寿し ポタジエ」オーナーシェフの柿沢安耶さんは、11月3日、サンマリノ共和国で行われる催しで野菜ずしと野菜スイーツを紹介する。

 催しは「サンマリノ共和国――日本国奈良県吉野町 文化交流都市宣言」の親書交換記念イベント。同共和国のクルサール・コングレスセンターで行われる日本食レセプションで、両国政府関係者らにオリジナルメニューを提供する。欧州シェフ協会会長Righiシェフとの競演も行う予定。

 柿沢さんはリッツ・エスコフィエフランス料理学校(パリ)などでフレンチを学んだが、修業の途中で「肉料理を食べることがどちらかというと苦手だと気付いた」(柿沢さん)。そこで悩む中で野菜を中心とした料理に力を入れるようになり、デザートが好評だったことから野菜スイーツ専門店「パティスリー ポタジエ」を2006年に東京・中目黒に開店した。

 スイーツファンの間では賛否が分かれる同店だが、柿沢さんはさらに野菜の可能性を研究。今年「野菜寿し ポタジエ」を六本木ヒルズに開店した。

 野菜だけを使って魚の握りずしを模して作る野菜ずしの店は、精進料理の盛んな京都などに従来から例があるが、柿沢さんは国内各地のさまざまな野菜、果実、調味料とフレンチやスイーツで用いる技法を組み合わせて独創的な野菜ずしを作っている。「スイーツよりも味や調理技法の自由度が高く、新しいものを考えていくのがさらに楽しい」という。