リコッタサラータ関連のリステリア

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.19(2012.09.19)を発表した。米国ではリコッタサラータチーズによるリステリア感染アウトブレイクが発生している。英国では、牛肉の積送品における牛海綿状脳症(BSE)管理対策違反が報告された。

注目記事

【米国食品医薬品局(US FDA)ほか】リコッタサラータチーズによるリステリア感染アウトブレイク

 Forever Cheese社(ニューヨーク州ロングアイランド)が販売したMarteブランドの輸入Frescolinaリコッタサラータチーズに関連して、複数州にわたってリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブレイクが発生している。同社は、ロット番号T9425および製造コード441202で確認できる当該チーズの自主回収を開始した。

 米国疾病予防管理センター(US CDC)によると、このアウトブレイク株感染患者は2012年9月11日時点で全米11州およびワシントンD.C.から計14人報告され、全員が入院した。死亡者は3人報告されている(うち少なくとも1人がリステリア症が死因)。

 当該チーズは、2012年6月20日~8月9日に、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、ジョージア、イリノイ、インディアナ、マサチューセッツ、メリーランド、メーン、モンタナ、ニュージャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク、オハイオ、オレゴン、ペンシルバニア、バージニアおよびワシントンの18州とワシントンD.C.のスーパーマーケット、レストランおよび卸売業者に販売された。

【英国食品基準庁(UK FSA)】牛肉の積送品における牛海綿状脳症(BSE)管理対策違反

 2011年8月の定期検査により、北アイルランドの認可屠畜場・食肉カット施設であるミート・パッカーが受領した牛二分体(side)の3回の積送品のそれぞれで牛海綿状脳症(BSE)管理対策違反が確認された。

 他の認可屠畜場から受領した牛二分体76体の積送品に添付されていた書類に、ウシの月齢(30カ月齢以上/OTMまたは30カ月齢未満/UTM)が記載されていなかった。また、さらに別の認可屠畜場から納入された牛二分体の積送品に、OTMウシ由来の二分体であるのに誤ってUTMウシ由来を示すラベルが貼られていた例が複数回あった。

 また、2011年9月の定期検査により、認可屠畜場から納入された安全マークが付いた(health-marked)牛四分体の積送品のうち1体に特定危険部位(SRM)である脊髄が混入しているのが見つかった。不適合であった四分体は廃棄され、SRMはフードチェーンに混入していない。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品安全情報(微生物)No.19(2012.09.19)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2012/foodinfo201219m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. シエラレオネのコレラアウトブレイク

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. Marteブランドの輸入Frescolinaリコッタサラータチーズにより複数州にわたって発生しているリステリア(Listeria monocytogenes)感染アウトブレイク
2. マンゴーに関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイクの調査
3. カンタロープに関連して複数州で発生しているサルモネラ(Salmonella TyphimuriumおよびSalmonella Newport)感染アウトブレイクの調査

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. Marteブランドの輸入Frescolinaリコッタサラータチーズに関連して複数州にわたって発生しているリステリア症アウトブレイク(初発情報)
2. マンゴーに関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella Braenderup)感染アウトブレイク(2012年9月14日付更新情報)
3. カンタロープに関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella TyphimuriumおよびSalmonella Newport)感染アウトブレイク(2012年9月13日付更新情報)
4. ハリネズミ(hedgehog)に関連して複数州にわたって発生しているサルモネラ(Salmonella Typhimurium)感染アウトブレイク

【欧州委員会健康・消費者保護総局(EC DG-SANCO)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)】
1. 欧州連合内の複数国で発生しているサルモネラ(Salmonella Stanley)感染アウトブレイク

【Eurosurveillance】
1. 腸管出血性大腸菌感染症およびその他の腸管病原性大腸菌感染症のサーベイランスの感度:アウトブレイクの機会を利用した研究(2011年1~10月、ドイツ、バイエルン州)

【英国食品基準庁(UK FSA)】
1. 牛肉の積送品における牛海綿状脳症(BSE)管理対策違反

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報
食品安全情報(微生物)No.19 / 2012(2012.09.19)