コロナは通常の洗浄・消毒有効

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.05(2020.03.04)を発表した。

注目記事

【WHO】コロナウイルス感染症に関する状況報告/食品に関連した考察

 世界保健機関(WHO: World Health Organization)が発表したコロナウイルス感染症(COVID-19)の状況報告書から食品関連の内容。

 新型のコロナウイルス感染症(COVID-19)の病因物質は、コロナウイルス「SARS-CoV-2」である。SARS-CoV-2の自然界でのレゼルボアはコウモリである可能性が高いが、種の壁を越えて他の中間動物宿主からヒトに伝播したと考えられている。この中間動物宿主は食料生産動物、野生動物、飼育野生動物である可能性はあるものの、まだ確定できていない。

 各国の食品安全当局は、国際的に取引される食品の表面でのウイルスの生存能力、および食品がウイルス伝播を媒介する可能性に関する情報をさらに収集するために、国際食品安全当局ネットワーク(INFOSAN)事務局とともに状況を注視している。現時点では、食品を介してSARS-CoV-2に感染した事例の報告はない。しかし、生の動物由来食品の表面でのこれらのウイルスの生存能力については懸念が示されてきた。

 現在、SARS-CoV-2の生存率および生存時間を評価するための研究が行われている。他のコロナウイルスに関するいくつかの研究によると、一般にコロナウイルスは冷凍状態で非常に安定しており、−20℃で最長で2年間生存することが示されている。

 他のコロナウイルス株に関する現時点でのエビデンスによると、コロナウイルスは低温または冷凍で一定期間安定していると考えられるが、食品を介する伝播は食品衛生対策および適切な食品安全規範の遵守によって予防可能である。

 コロナウイルスは熱に不安定で、通常の加熱調理温度(70℃)に感受性である。したがって、一般的な対策として、生または加熱不十分な動物由来食品は喫食すべきでない。また生肉、生乳、および動物の生の組織は、未加熱の食品との交差汚染を防ぐため、注意深く取り扱うべきである。

 SARS-CoVおよびMERS-CoVは、ほとんどの一般的な洗浄・消毒方法に感受性であり、SARS-CoV-2の性質がそれらと異なることを示すエビデンスは今のところ存在しない。

 食品安全に関するその他の推奨事項および情報が、WHOおよび国連食糧農業機関(FAO)のサイトから入手可能である。

WHOサイト:
Five Keys to Safer Food Manual
https://www.who.int/foodsafety/publications/5keysmanual/en/
Guide on Safe Food for Travellers
https://www.who.int/foodsafety/publications/travellers/en/
Q&A on coronaviruses(COVID-19)
https://www.who.int/news-room/q-a-detail/q-a-coronaviruses
FAOおよび汎アメリカ保健機構(PAHO)サイト:
Food Handlers Manual
http://www.fao.org/3/i7321en/I7321EN.pdf

【米国】クローバースプラウトに関連の大腸菌O103感染

 米国疾病予防管理センター(US CDC: Centers for Disease Control and Prevention)は、複数州の公衆衛生・食品規制当局および米国食品医薬品局(US FDA)と協力し、クローバースプラウトに関連して複数州にわたり発生している大腸菌O103感染アウトブレイクを調査している。

 患者は、レストランJimmy John’sの店舗で供されたクローバースプラウトを喫食したと報告している。汚染されたスプラウトがその他のレストランや小売業者にも供給されたかどうかを特定するため調査は継続している。

 疫学調査から得られたエビデンスは、レストランJimmy John’sの店舗で供されたスプラウトが本アウトブレイクの感染源である可能性が高いことを示している。各州・地域の公衆衛生当局は、患者に対し、発症前1週間の喫食歴およびその他の曝露歴について聞き取り調査を行っている。既に聞き取りが行われた患者6人のうち5人がレストランJimmy John’sの店舗で食事をしたと報告した。また、聞き取りが行われた6人のうち4人が、同店舗でサンドイッチに使用されていたスプラウトを喫食したことを覚えていた。

 2020年2月24日、Jimmy John’s社は、すべての店舗でクローバースプラウトの提供を中止したことを報告した。現在、患者が食事をしたJimmy John’sの店舗で供されたクローバースプラウトの供給元、および当該クローバースプラウトがその他のレストランや小売業者にも供給されたかどうかについて明らかにするための調査が行われている。

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.05(2020.03.04)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2020/foodinfo202005m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する状況報告-32
【食品に関連した考察】

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. クローバースプラウトに関連して発生している大腸菌O103感染アウトブレイク(初発情報)
2. Karawanブランドのタヒニに関連して発生したサルモネラ(Salmonella Concord)感染アウトブレイク(最終更新)

【欧州疾病予防管理センター(ECDC)、欧州食品安全機関(EFSA)】
1. ECDC-EFSA合同迅速アウトブレイク評価:卵の喫食に関連して欧州の複数の国にわたり発生しているサルモネラ(Salmonella Enteritidis)感染アウトブレイク(2020年2月6日付更新情報)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【欧州食品安全機関(EFSA)】
1. 志賀毒素産生性大腸菌(STEC)の病原性に関する評価およびSTECに汚染された食品がもたらす公衆衛生リスクに関する科学的意見

【ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)】
1. 食肉、卵および生乳に存在する病原体の追跡調査
2. 卵が先か、鶏が先か? ― 世界最大規模の体験型養鶏農園にその答えがある

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. オランダにおける人獣共通感染症の発生状況(2018年)