メキシコ産パパイヤの食中毒

国立医薬品食品衛生研究所は、食品安全情報(微生物)No.24(2017.11.22)を発表した。

注目記事

【米国食品医薬品局】メキシコ産パパイヤに関連したサルモネラ

 米国食品医薬品局(US FDA: US Food and Drug Administration)は、米国疾病予防管理センター(US CDC)および州・地域の公衆衛生当局と協力し、メキシコ産パパイヤに関連した複数種のサルモネラ株の感染患者を調査している。

 以下に示す4ブランドの輸入マラドールパパイヤが回収されている。当該製品を自宅に保有している場合は直ちに廃棄すべきである。

  • Caribeñaブランド(Grande Produce社が販売)
  • Caviブランドの一部の製品(Agroson’s社が販売)
  • Valeryブランド(Freshtex Produce社が販売)
  • Frutas Selectasブランド(Bravo Produce社が販売)

(注目記事のまとめ:FoodWatchJapan編集部)

食品安全情報へのリンク

食品安全情報
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html
食品安全情報(微生物)No.24(2017.11.22)
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/2017/foodinfo201724m.pdf

今号の目次

【世界保健機関(WHO)】
1. 抗生物質耐性の拡散を防ぐため健康な動物への抗生物質の使用は中止すべきである

【米国食品医薬品局(US FDA)】
1. 米国食品医薬品局(US FDA)がメキシコ産パパイヤに関連した複数のサルモネラアウトブレイク株を調査
2. 米国食品医薬品局(US FDA)が2015年の全米抗菌剤耐性モニタリングシステム(NARMS)総合報告書を発表 - 公衆衛生保護のため米国疾病予防管理センター(US CDC)および米国農務省(USDA)と協力し抗菌剤耐性パターンを監視

【米国疾病予防管理センター(US CDC)】
1. ペット店の子犬との接触に関連して複数州にわたり発生している多剤耐性カンピロバクター感染アウトブレイク(2017年10月30日付更新情報)
2. 輸入マラドールパパイヤに関連して複数州にわたり発生したサルモネラ感染アウトブレイク4件(最終更新)

【欧州委員会健康・食品安全総局(EC DG-SANTE)】
1. 食品および飼料に関する早期警告システム(RASFF:Rapid Alert System for Food and Feed)

【オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)】
1. 2016年のオランダでの食品由来アウトブレイク件数に関する報告書

【ProMed mail】
1. コレラ、下痢、赤痢最新情報